1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. テクニック
  4. 撮影した写真をキレイに加工してみよう

撮影した写真をキレイに加工してみよう

タブレットで撮った写真をもっと明るくしたい......、もっと雰囲気のいい写真に加工したい......。そんなときってありますよね。写真加工アプリを利用する手もありますが、実は純正のカメラアプリでもいろいろな写真加工が楽しめます。どんな加工ができるのかご紹介します。

フィルタをかけてかっこいい写真にチェンジ!

d10_2.png

タブレットで写真を撮ると、カメラアプリひとつでいろいろな加工を楽しめます。まずは、加工したい写真を「ギャラリー」から選んで表示させましょう。写真の雰囲気を一気に変えたいなら、フィルタ加工を。右上の三本線の「メニュー」をタップします。


d10_3.png

フィルタをはじめさまざまな加工をする場合は、「編集」をタップします。


d10_4.png

編集ページが表示されます。画面下に、「回転」「トリミング」「フィルタ」「スプラッシュ」「イリュージョン」「調整」「モザイク」「グラフィティ」「ウォーターマーク」「ラベル」の10種類の編集機能が表示されます。ここでは、「フィルタ」を選択してみます。


d10_5.png

フィルタは「モノクロ」や「ノスタルジア」など7種類の大きなジャンルに分かれており、さらに細かく全部で37種類ほどのフィルタが用意されています。ここでは、植物が明るく見える「クラシック」の「ピュア」というフィルタを選んでみました。スライダーを左右に動かすと、フィルタのかかり具合を調整することもできます。フィルタで加工が終わったら、右上のチェックマークをタップ。


d10_6.png

フィルタによっては、こんな面白い加工もできますよ。こちらは「ペイント」の「クレヨン」というフィルタ。


d10_7.png

加工が終わったら、右上のフロッピーディスクマークをタップすると、画像の加工が保存されます。


撮影前にあらかじめフィルタを選んで撮影!

d10_11.png

撮影前にフィルタを選ぶ場合は、左下の三重丸のマークをタップします。


d10_11.png

好みの雰囲気のフィルタ画面をタップします。


d10_12.png

モノクロで撮影してみると、こんなステキな写真が撮影できました。


トリミングやモザイク加工もお手のモノ!

d10_14.png

さきほどの「編集」ページで「トリミング」を選ぶと、「1:1」のスクエアや、「3:4」などの縦写真にトリミングすることができます。枠は指で自由に動かすことができるので、見せたい範囲にトリミングしてみましょう。加工が終わったら、右上のチェックマークをタップ。


d10_14.png

「スプラッシュ」を選ぶと、モノクロ写真の中である色だけを戻すことができます。今回は、黄色だけを浮かび上がらせてみました。なかなか印象的でかっこいい写真に仕上がります。


d10_14.png

「モザイク」では、画像にモザイク加工ができます。モザイクのデザインやサイズを選びましょう。


d10_14.png

いわゆるモザイクっぽい柄も選べますが、いろいろなデザインがあるので、画像をユニークに加工することもできます。加工が終わったら、右上のチェックマークをタップ。


ウォーターマークでオシャレ画像に変身!

d10_14.png

「ウォーターマーク」は、かっこいいロゴを入れることができる機能。デザインを選んだら、自由に配置してみましょう。


d10_14.png

ロゴを設置しました。ほかに、吹き出しなどを入れて、そこに自由に文字を打ち込むこともできますよ。


撮影した写真をそのままで楽しむのもいいですが、フィルタなどで加工して、より美しく印象的な写真にしたり、文字やモザイクを入れて個性的な写真に変えてみるのもいいですね。気に入った画像に仕上がったら、SNSに投稿して友達とシェアするのもおすすめ! 加工することで、写真の楽しみ方はもっともっと広がります。