1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. テクニック
  4. 紙も机もいらない!? タブレットで手軽に美文字おけいこ

紙も机もいらない!? タブレットで手軽に美文字おけいこ

結婚式の記帳や熨斗袋(のしぶくろ)の表書きなど、人に見られる文字なのにうまく書けない......。

そんな方にぜひ、オススメしたいのが「美文字判定 書いて添削」。ゲーム感覚できれいな字を目指せるアプリなんです。

美しい文字を書けるようになれば、心も晴れやかになりますよ!


机に向かわなくてもOK!いつでもどこでも気軽に美文字練習

D47-02.jpg

ペン字や習字の練習って、準備や片付けが面倒でおっくうで、なかなか長続きしない方も、多いのではないでしょうか?

「美文字判定」なら、スタイラスペン(タッチペン)と画面の大きなタブレットを併用することで、リビングのソファなど自分がくつろげる場所で、手軽に字を練習することができます。

しかも、一文字一文字うまく書けたかどうか、すぐに添削してもらえるので、上達度合いもバッチリ分かるんです!


書いた文字をすぐに採点!楽しみながら美しい文字を目指す

D47-03.jpg

アプリ「美文字判定 書いて添削」では、ひらがなとカタカナそれぞれ46字ずつと、基本の漢字50字を練習できます。基本の漢字は「大」「行」「返」「卵」など、他の漢字を書くときにも応用できる漢字を厳選しているそう。


D47-04.jpg

書き終わった文字はすぐに採点され、点数と一緒に「美」「並」「残念」といった評価がわかるハンコが表示されます。

どれだけお手本に近い字を書けるかが基準になるのですが、採点は決して甘くありません。「美」の判子がもらえるまで、何度も書き直しているうちに、おのずと美しく書くポイントが見えてきます。

また、過去に練習した字は記録されるので、何度も見直すことによって、より上達のゴールが近くなります。


よりリアルな上達を狙うならスタイラスペンを使おう

D47-05.jpg

紙に字を書くのと同じように、ペンを使った練習がしたいならスタイラスペンが便利。「とめ」「はね」「はらい」の感覚はやっぱりペンを使った方がしっくりきます。

紙やノート、インクや消しゴムといった消耗品を使うことなく、何度も書いて練習できるのも、タブレット&スタイラスペンのいいところですね。


  • 美文字判定 書いて添削
  • Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード


字を書く機会が少なくなった現代だからこそ、いざ字を見られるとなると緊張するもの。

そうならないよう、今のうちにタブレットで練習して「字がきれいですね!」と褒められる自分を、目指しませんか?



今回の記事で使用したスタイラスペン付きタブレット【arrows Tab F-02K】

D48-09.jpg

arrows Tab F-02K の主な仕様

D48#10jpg.jpg

*6 ワンセグ・フルセグ放送は、利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。ワンセグ・フルセグ放送の受信状態をよくするためには、アンテナを十分引き伸ばしてください。また、アンテナの向きを変えたり、場所を移動することで受信状態が良くなることがあります。ワンセグ・フルセグサービスについて、詳しくは「一般社団法人放送サービス高度化推進協会のホームページ」(www.apab.or.jp)などでご確認ください。NHKの受信料については、NHKにお問い合わせください。

*7 本機種は「クラス2」ですが、「LTE国際ローミング」をご利用になれます。本機種で「LTE国際ローミングが使えるエリアについて、詳しくは「ドコモのホームページ」でご確認ください。

3G・3G850のネットワークをご利用になれます。アフリカ、中東など、一部の国・地域ではご利用になれません。