1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. テクニック
  4. みんなの目を引くインスタ映え写真を作るなら、大画面で加工しやすいタブレットがピッタリ!

みんなの目を引くインスタ映え写真を作るなら、大画面で加工しやすいタブレットがピッタリ!

数あるSNSの中でも、Instagramは写真好きなユーザーを中心に人気が高いですよね。

写真を加工して投稿する以外にも、ハッシュタグで写真を検索したり、24時間限定のストーリーズを投稿したり、芸能人のアカウントをチェックしたりと、さまざまな使い方が楽しめます。また、ハッシュタグをつけることで、同じことに興味がある人と繋がって、自分の世界が広がることも!
そんな Instagramですが、実は細かな加工などをするときに、大きな画面のタブレットが断然使いやすいのです。そこで今回は、タブレットでの加工のしやすさをご紹介しつつ、人気のインスタグラマーさんに、撮影のコツや加工のポイントなどをお聞きしました!

写真の傾き、明るさ調整などの加工には、タブレットでの微調節は使いやすさ抜群!

「Instagram」の加工機能では、フィルタで雰囲気を変える以外にも、トリミングや傾き調整、明るさや彩度の調整など、さまざまな写真加工が楽しめますよね。



そんなとき、大きな画面のタブレットであれば、画面全体が細部までしっかり見えて、加工しやすいのも魅力なのです。

たとえば、水面が傾いて撮影されてしまった写真の場合、タブレットの画面でしっかり確認しながら、画面内にあるグリッド線に平行になるように、下のスライドバーを調整していきます。



D57-02.png

スマホの小さな画面で微妙な傾きを調節するのはなかなか難しいのですが、大きな画面であれば、簡単に調節できるので便利。インスタ映えする写真の基本は、パッと見て気持ちのよい写真です。



D57-03.png

さらに、フィルタを使って雰囲気を変えてみたり、「明るさ」「彩度」「コントラスト」などで自分の理想の雰囲気に近づけてみましょう。ちょっとオーバー気味に加工して、幻想的な写真に仕上げてみるのもおすすめです。



D57-04.png

Instagramの場合、明るさや彩度の加減はスライドバーで操作するのですが、この微妙な加工のかかり具合を画面で確認するなら、大画面のタブレットが断然おすすめ!

画面で細部までしっかり確認しながら、自分の好きな一枚に仕上げることができます。料理を加工する場合も、「明るさ」や「彩度」「暖かさ」を上げてみると、より美味しそうな写真に仕上がります。



D57-05.png

そのほかにもいろいろな加工があるなかでも、「チルトシフト」は見せたい部分だけにピントを合わせて他の部分をボカす機能も最近人気です。タブレットの大きな画面であれば、どこにピントが合っているのかも簡単に確認することができますね。

人気インスタグラマー KaoRinさん( @ gotooutcamp )さんに聞く、キャンプライフを素敵に撮影するテクニックとは?

D57-06.jpg

アウトドアで象徴的な一枚を撮るなら、雄大な自然をバックにテントサイトのある景色を撮ってみたいものです。そのためにも、まずは構図選びが大切になりそう!KaoRinさん( @ gotooutcamp )は、どんな工夫をしているのでしょう。



「サイト全体がフレームに入るように撮影します。画面上で何パターンかアングルを見て、ベストの位置を決めています。できれば背景がきれいな場所を選んで、一枚の景色になるように意識して撮影しています」 KaoRinさん( @ gotooutcamp )



少し高い場所に登って画面を覗いてみたり、しゃがんでみたり、自分が動いて風景とテントサイトの位置関係を考えてみるのもいいですね。このとき、タブレットであれば、大画面で位置関係を確認することができます。画面は全体的に明るめに調節して撮影するのが◎。また、空の面積を少し大きめにすると、夏らしい爽やかな印象に。



D57-07.jpg

「料理写真を撮るときは、なるべく自然光で明るいうちに撮影しています。食材は赤や緑、黄色など、カラフルなものをチョイス。加工はインスタグラムを使用。明るさ・彩度・暖かさ・影・コントラストで編集していますが、その時の気分や直感で加工します。」KaoRinさん( @ gotooutcamp )



料理写真などは、ピントがきちんと合っているかの確認も大切。タブレットで撮影する時には、一番見せたい場所を軽くタップして、しっかりピントを合わせましょう。また、真上から撮ってみたり、背景を入れてみたりと、料理によってアングルを変えてみるのもいいですね。



D57-08.jpg

「普段からカラフルな道具を使用しているので、彩度高めで暖かみのある雰囲気になるようにInstagramの加工で調整しています」KaoRinさん( @ gotooutcamp )



キャンプギアなどアイテムの色で目を引かせるのも、アウトドア写真らしいテクニック。「彩度」を上げて、カラフルな道具を引き立ててみるのもいいですね。KaoRinさん( @ gotooutcamp )の場合も、テント内のレイアウトにもしっかりこだわって、自慢のキャンプライフをInstagramで投稿しているようです。



@gotooutcampさんのInstagramアカウントはこちら

  • Instagram
  •  Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



夏空をバックに撮影すれば、それだけでステキな一枚に仕上がりますが、さらに写真加工でひと手間加えてみれば、みんなの目を引くインスタ映えする写真に変身!人気インスタグラマーさんのテクニックを参考に、いろいろ試してみてくださいね。

また、タブレットを使えば、Instagramの加工機能も細かな部分までこだわって加工ができるのでオススメですよ!