1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. ビジネス
  4. カレンダーでスケジュールを管理しよう〜基礎編〜

カレンダーでスケジュールを管理しよう〜基礎編〜

仕事や休日の予定など、手帳で管理している人も多いと思いますが、実はタブレットで簡単にスケジュール管理ができること、知っていましたか? 
予定の日付や時間・場所など、決められた項目をサッと記入するだけでキレイに整理でき、さらに約束の時間の前にはアラームで教えてくれる等、うれしい機能も満載! パソコンからもチェックできるので、手帳のように「落としてしまって大変!」という心配もありません。

「Tabmo」では、タブレットで快適にスケジュール管理できる秘訣を紹介します。今回は第1回目として、基礎編をお届けします!


簡単にスケジュールを登録できます!

d29_2.jpg

予定を入れるには、まずホーム画面のカレンダー部分の左下の「スケジュール」をタップします。


d29_3.jpg

すると、新規スケジュール作成画面が表示されます。「打ち合わせ」や「飲み会」「買い物」など、予定のタイトルをつけて内容を書いたら右上の「保存」をタップしましょう。


d29_4.jpg

これでカレンダーに新しいスケジュールを追加することができました。さらに、日付と時間を設定するには、いま登録した予定を左欄から選んで「編集」をタップしてみてください。


d29_5.jpg

この画面の「いつ?」をタップして選択するだけで、予定の日付や開始時間、終了時間をあっという間に設定できます。


d29_6.jpg

日付をタップするとカレンダーが表示されるので、予定の日程をタップ。また、時刻の部分をタップすると時計盤が表示されるので、動かして指定してみましょう。どれも指1本でできるので、とっても簡単です。


大事な予定はアラーム機能で教えてもらおう!

d29_7.jpg

タブレットのスケジュールでは、大事な予定を忘れないようにアラーム機能でお知らせしてくれる機能もあるんです。設定は、スケジュール情報入力画面の下にある「入力オプションを表示」をタップ。


d29_8.jpg

すると、アラーム機能の設定項目が表示されるので、上の設定ボックスにチェックをつけ、アラームを鳴らしたい時間を決めるだけ!


d29_9.jpg

時間が入力できたら、右上の「保存」をタップして完了! たったこれだけで、タブレットが決められた時間にアラームでお知らせしてくれます。


d29_10.jpg

保存されたスケジュールの一覧を見ると、ベルのマークのアイコンが表示されるので、確認してみてくださいね。念のためタブレットのボリュームが0になっていないか、電源は切れてしまわないかなどを確認しておきましょう。


表示を切り替えてカレンダーを見やすく!

d29_11.jpg

カレンダーって、1日の仕事の予定で使うときや、1ヶ月の休日の予定を見たいときなどで、場合によって一番見やすい表示はさまざまですよね。そんなときもタブレットのスケジュールなら、簡単に月単位、週単位、日単位で切り替え表示ができるんです。

切り替えは、左上にある「≡」マークのメニューをタップするだけで、簡単にできます。


d29_12.jpg

「月」は月単位でページ送りする標準のカレンダー表示です。例えば、毎週の休日の予定を見たり、仕事で数週間先の打ち合わせやタスクをチェックするときなどに便利!


d29_13.jpg

「週」は、一週間単位でページ送りされます。時間ごとにスケジュールが並んで見えるので、仕事の進捗管理や、習い事、お子さんの送り迎えのスケジュールなどに向いています。


d29_14.jpg

「日のタイムライン」では、1日の細かい時間経過が一目でわかります。特に会議などが詰まっている場合や旅行のスケジュールなど、1日の予定がビッシリ入っているときに使うと便利です。



自分ではしっかり管理しているつもりでも、「ついうっかり」が起きがちなのがスケジュール。しっかりタブレットで管理しておけば、ダブルブッキングやうっかり忘れの心配もナシ! さらにアラームで知らせてくれる機能は、まさに秘書みたいな頼もしい存在ですね。

上手にタブレットを使って自分のライフスタイルに合わせたスケジュールをスマートに組むことで、「手帳とにらめっこ」なんてこととはサヨナラできますよ!

初期設定/使い方ガイド