1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. ビジネス
  4. 就活生、必見!内定獲得の秘訣はタブレットにあり!?

就活生、必見!内定獲得の秘訣はタブレットにあり!?

新年度を迎え、就活生にとっては、企業エントリーや会社説明会、就職試験、面接等と、具体的に動き始める時期に入ります。企業研究はもちろん、エントリーや説明会においては、パソコン(以下PC)やスマホをフル活用することになります。

そんな就活を無事終え、4月から社会人1年目を迎えた大嶋結衣さんはタブレット愛用者。就活にタブレットを取り入れた彼女に、内定ゲットの秘訣をうかがいました。



どんどん決まる就活スケジュールスマホだけでは管理がたいへん!

D41-02.jpg

「就活が始まってまず、たいへんなのがスケジュールの管理です。」大嶋さんは最初、スマホとPCでスケジュール管理していました。

「スケジュールはGoogleカレンダーで管理していました。就活の予定はどんどん入ってきます。決まったものはすぐに入力しないと混乱するので、スマホで入力していたのですが、画面が小さくて入力ミスが出たりしました。特に、日付や時間の入力ミスは致命傷になります。また月間でスケジュールを見渡したいことが多いのですが、スマホでは一覧性にも難アリでした」と、大嶋さん。



D41-03.jpg

ノートPCを持ち歩くことも考えたが、かさばる上に、取り出して開いて入力というのは時間がかかります。形状の問題もあり、座らないと作業できない!そこで、大嶋さんはタブレットを導入したそうです。

「スケジュールの入力も楽だし、ひと月のスケジュールを一画面で見渡せるので、すき間の時間を探したりするのもかなり楽になりました。
Googleカレンダーだと自動的に同期できるので、自宅でPCでチェックしたり調整したりの作業を行っても、スマホにもタブレットにも反映されます」
と、タブレットの効用を力説する大嶋さん。



PCで作成した資料ファイル「Googleドライブ」で自動的に共有

今の就職活動ではPCが必須です。効率よく調べものをしたり、エントリーシート(以下ES)や提出用の文章の作成にも活用します。

「自宅ではノートPCがメインです。リサーチのほか、履歴書やESの作成など、文字入力が多いからです。どの企業にどんなESを書いたかとか、履歴書に書いた内容などはいつでもチェックしたいので、企業別にフォルダーに分けてGoogleドライブに入れておきました」と話す大嶋さん。

D41-04.jpg

「Googleドライブ」は、インターネットストレージサービス。

PC、スマホ、タブレットから同じフォルダーにアクセスできます。タブレット用にもアプリがあり、Androidタブレットの場合、多くは標準でインストールされているので、すぐに使えるのも便利です。

Googleドライブをタブレット活用することで、効率良く就活をすることができたと語る大嶋さん。

「移動中や待ち時間など、タブレットで資料をチェックします。Excelファイルにまとめた資料や、履歴書のコピーなどは、実はスマホだと見づらく......。

タブレットだとA4サイズのドキュメントでもPDFでも、紙で見るときのように自然に読めるのがすごくよかったです」



現地の下見は重要!「Googleストリートビュー」で場所の確認を

D41-05.jpg

「余裕を持って行動するのはもちろんですが、道に迷ったり、入口の位置がわからない大きなビルだったりすると、面接直前に焦ることになります。ストリートビューで事前にチェックしておけば、会場近辺に来ると風景に見覚えがあるので、心にゆとりが生まれます。これはたぶん、就活の後、社会人になっても役立つテクニックだと思います」



「タブレットのいいところは、すぐに使える点。回線とセットになってるほうがスピード感もあるし、単独で使える安心感がありました」と大嶋さん。就活ではセルラーモデルが活躍しそうですね。

初期設定/使い方ガイド