1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. ビジネス
  4. 新生活で大活躍!Googleニュース&アラートで役立つニュースまとめ読み!

新生活で大活躍!Googleニュース&アラートで役立つニュースまとめ読み!

ネットを活用した情報収集は、ビジネスパーソンの必須スキル。とくに、就職や異動など、環境が変化したときは、その重要性も増します。

ノートPCほどかさばらず、スマホよりも画面の広いタブレットは、ニュースをじっくりチェックするにはピッタリのデバイス。

そこで今回は、Googleのツールを利用した効率的な情報収集のテクニックを紹介します。

「Googleニュース」をカスタマイズして自分専用の情報ポケットに!

D42_02.jpg


紙のニュースとは違い、速報性に優れているのがネットニュースの特徴。でもサイトの数が多すぎて、それらを回ってひとつひとつチェックするのは大変です。

そこで世界中のニュースサイトの情報を、まとめてチェックできる「Googleニュース」を活用しましょう。

最初に表示される「トップニュース」のほか、「国内」「ビジネス」といったジャンルや、ユーザーの閲覧内容の傾向を分析して興味がありそうなニュースをまとめた「おすすめ」など、いくつかの「セクション」があります。

便利な点は、このセクションがカスタマイズできるところ。ここに自分の仕事に関するジャンルなどを追加しておけば、自分専用の情報収集ツールが簡単にできあがり!



「Googleアラート」にキーワード登録しておくだけでニュースの見落としナシ!

D42_03.jpg

Googleには「Googleアラート」という、登録したキーワードに関する最新情報をお知らせしてくれるツールがあります。

自分のビジネスに関連したキーワードを登録しておけば、関連する情報がメールで送られてくるという、便利な機能を備えています。

使い方は簡単!「アラートを作成」欄にキーワードを入力するだけです。


D42_04.jpg

「オプションを表示」をタップして、「情報の頻度」を「その都度」にしておくと、情報が見つかるたびにお知らせが届きます。おすすめは「1日1回以下」です。こうしておくと、情報が見つかれば1日に1通メールが届くわけです。

ポイントは、適切なキーワードを選ぶことです。例えば「ビジネス」などの言葉を選ぶと、関連情報が多すぎてさまざまな記事が入り交じってしまうことがあります。自分のビジネスと関連性の高いキーワードを選びましょう。



ちょいテク!あとで見たい情報はダウンロードしておこう

自宅でニュースをチェックしているとき、あとで読もうと思うことがありますよね。そんなとき、ブックマークしてあとでまたアクセスするよりも、簡単な方法があります。

例えば気になるニュースが見つかったら、URL欄の右にあるアイコンをタップしてダウンロードしておきます。

あとは、読み返したいときに右のメニューをタップして「ダウンロード」を開き、一覧から読みたい情報をタップすればOKです。一度ダウンロードしたサイトはオフラインでも表示できるので、地下鉄や飛行機など、回線がつながっていない状況でも気にせずに閲覧できます。

D42_06.jpg


画面が大きくて軽く、持ち運びが楽なタブレットは、手元にあると便利な情報収集デバイス。
Googleのツールを、テクニックを活かして上手に使えば、より効率的に情報収集できます。自分好みにカスタマイズして、一歩進んだビジネスパーソンを目指しましょう!

初期設定/使い方ガイド