1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. ビジネス
  4. スケジュール共有でビジネスが加速!メモアプリ活用でさらに効率化を

スケジュール共有でビジネスが加速!メモアプリ活用でさらに効率化を

大画面のタブレットは、スケジュールを管理してパッとやるべきことを見つけるのに最適です。

カレンダーでスケジュールを管理しよう〜基礎編〜」で説明したように、このスケジュール機能は、ビジネスでももちろん大活躍。さらに自分だけでなく、チーム全員の予定を共有することで、生産性も大きくアップします。

今回は、ビジネスに効くスケジュール管理の方法をご紹介します!

スケジュールの共有はビジネマンの新常識!

D43-02.jpg

Googleカレンダーは、パソコン(以下PC)やスマホでも、同じアカウントでログインしていれば書き込んだ内容を共有できます。例えばデスクのPCで入れたスケジュールを、どのデバイスからでも確認できるんです。

自分のタブレットが共有設定できているかは、Googleカレンダーの「設定」の「アカウント」から「カレンダーの設定」がオンになっているかを確認しましょう。


D43-03.jpg

また、ビジネスパートナーや、同僚ともスケジュールを共有すれば、合同ミーティングや、定例会議の予定なども、すぐに確認できるように。

設定方法は、WEBサービスの「Google カレンダー」で「設定」から、ユーザーの追加をすればOK。ブラウザで設定すれば、次からはアプリで簡単に操作できるようになりますよ。



「Google Keep」でさらに便利に使いやすく!ボイスメモや写真もさくっとスケジュールに登録できる

D43-04.jpg

Google Keepはメモやリストが管理・共有できるアプリ。
メモだけでなく、外出先で電話で話した内容を、忘れないうちにパッとボイスメモとして残したりもできる優れものです。

メモが付箋紙のように表示されるので、TODOやメモ、報告事項などに分けるなど、直感的に確認できます。


D43-05.jpgGoogle Keepで作ったメモなどは、パソコンや他のスマートフォンでも簡単に同期して確認できます。方法は「設定」の「アカウント」から「Keepを同期」のチェックを入れるだけ。

これで「あのメモどこに行ったっけ?」と慌てる心配はなくなります。

また、メモをGoogleカレンダーのリマインダー機能と連携させると、とっても便利。メモを忘れないようにアラートを鳴らしたり、自動的にGoogle カレンダーにもメモが掲載されるようになります。

  • 【 Google Keep - メモとリスト 】
  •  Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


ビジネスで重要なのは、相手とのコミュニケーション。細かいことでも共有すれば、スムーズに仕事が進み、頼りになる人として評価もアップするはず。メモアプリも合わせて活用すれば、もう紙の手帳やメモ帳を超えた使い心地に!一度使いこなすと手放せなくなるはずですよ。



初期設定/使い方ガイド