1. ホーム
  2. マガジン
  3. ビジネス
  4. タブレットがセカンドディスプレイにもなる?!デスクワークでタブレットが大活躍

タブレットがセカンドディスプレイにもなる?!デスクワークでタブレットが大活躍

仕事でタブレットを有効活用している人を見て、「便利そうだな」と思ったことはありませんか? 

ビジネスシーンでのタブレット活用は、一見高いスキルや知識が必要そうに見えて、実はちょっとした工夫で簡単に利用できるんです! パソコンでもスマートフォンでもない、タブレットだからできる活用方法を知って、あなたの仕事を一段レベルアップさせましょう!

いつものタブレットをパソコンのセカンドディスプレイに

D83-02.jpg

まずご紹介するのは、アプリ「iDisplay」を使ってパソコンの画面を拡張させる使い方。

このアプリは、タブレットをパソコン(Mac/Windows)のセカンドディスプレイに変えることができます。パソコンとの接続はWi-FiネットワークかUSB経由で行うので、家のデスクだけでなく外出先でも利用可能。

普段利用しているタブレットをアプリひとつで、セカンドディスプレイとして機能させてくれるので、面倒な配線や設定は不要。複数のソフトを同時に表示させ、並行して作業を進めたり、よく使うフォルダを表示しておいていつでもアクセスできるようにしておいたり。デスクワークにおける使い方はあなた次第です。

仕事だけでなく、流している音楽の情報や、パソコンに入っている思い出の写真のスライドショーなどにも利用できます。

  • iDisplay
  •  Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



タブレットを手帳代わりに使って作業効率アップ

D83-04.jpg

次におすすめする使い方は、手帳代わりにタブレットを使うこと。メールや資料作りをしていて、いちいちカレンダーやweb検索画面に切り替えるなどの作業が、煩わしいこともあります。

そんなときにタブレットを手元に置いておけば、スケジュールやちょっとした調べ物の結果を表示しておけるので、パソコンで作業しながらタブレットを見つつ、仕事ができるのです。

一緒に使うスケジュールアプリは「Lifebear」が便利でおすすめ。カレンダー機能に加えて、タスク管理、メモ、日記機能を備えているので、これだけで仕事の予定管理を全てまかなえます。

  • Lifebear
  •  Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



手書きのメモや図を挿入して、周りに差をつける

D83-06.jpg

「MetaMoJi Note Lite」を使えば、タブレットとスタイラスペンでデジタルな書類に、手書き文字をスムーズに書き込めます。もちろん手書きメモや図を制作することも可能。プレゼンや企画書に手書きの図や文字が入っていると、一気に注目度が高まります。

アプリとスタイラスペンの進化により、書き心地はかなりスムーズになっています。紙とペンを使う感覚と言っても過言ではないので、ストレスなく作業を行えるはず。

メールで送られてきたpdfデータなどに、依頼したい修正内容を書き込むなどの活用もできます。

  • MetaMoji Note
  •  Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



クリップ式タブレットスタンドで、ひと目で情報を確認! 

D83-08.jpg

参考商品:AKEIE スマホ & タブレット スタンド or ホルダー


ご紹介したアプリをより快適に活用するためのアクセサリーが、クリップ式のタブレットスタンド。

デスクにおけるタブレットの置き場所に困ることもありません。また、パソコンとの目線の切り替えも少なく、目や首などの負担も少なく作業が可能。

クリップ式のスタンドであれば簡単に取り外しできるので、会社と家の行き来や、外での作業場所に持ち出す際も便利です。

タブレットを活用して、あなたの仕事をレベルアップ!

パソコンとスマートフォンを仕事で利用する機会は多いですが、タブレットはまだまだ少ないはず。パソコンのような大きな画面サイズを持ちつつ、スマートフォンのような多彩なアプリ環境のあるタブレット。

上手く活用できれば、かゆいところに手が届くデバイスとして、あなたの仕事をバッチリサポートしてくれることでしょう。

デスクワークでは特に、一度に見られる情報量が多くなるだけで生産性が上がります。早速タブレットを導入して、仕事のレベルを一段アップしてみませんか?

初期設定/使い方ガイド