1. ホーム
  2. マガジン
  3. ビジネス
  4. タブレットで始める為替取引

タブレットで始める為替取引

最近は本業や家事の合間に行える為替や株取引といった投資関係の副業も注目を集めています。中でも為替取引は時間を問わず取引が可能なため、会社員や主婦の方などにも人気です。そこで今回は、これから為替取引をはじめる方へ向けて、タブレットを活用した学習や取引方法、またその際に役立つサイトやアプリをご紹介していきます。

学習アプリと相性の良いタブレットで基礎知識を習得

D233-2.jpg

そもそも為替ってなに?株との違いは?という方におすすめしたいのが、7日間の学習コンテンツが詰まった「サルでもわかるFX」。取引を開始するまでの必要事項を、イラスト付きでわかりやすく説明してくれるので、初心者の方でも無理なく基礎知識を習得することができます。タブレットの大画面があれば、何度もスクロールすることなく文章とイラストをひと目で確認できるので、学習の質もぐんと向上しますよ。

学習を進めていく中でさらに気になることや分からないことが出てきたら、アプリだけに頼らず自身でも積極的に調べていきましょう。タブレットで学習アプリを見ながら、スマホで分からないことを検索するといった使い方をすれば、より効率的に学習を進められます。

  • サルでもわかるFX
  • Google Playで手に入れよう



複数書籍もタブレット1台で

D233-4.jpg

プロの目線で書かれた書籍は、得た知識をさらに深めていくにあたり参考にしておきたいもの。膨大な時間を相場に捧げてきたプロたちから学べることは沢山あります。気になる書籍を見つけたら電子書籍リーダー「Kindle」にダウンロードしておき、隙間時間を使ってかしこくインプットしていきましょう。

9割が退場していくと言われる厳しい市場で生き残るために、日々の積み重ねはとても大事なこと。1台に何冊もの書籍を保存でき、実際に手に持っている感覚で読むことができるタブレットを活用すれば、隙間時間を使って着実に自身の戦闘力を上げていくことができます。

  • Kindle電子書籍リーダー
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



テクニカル分析もタブレットとアプリで楽々

D233-6.jpg

世界でも人気の高い為替取引のプラットフォーム「MetaTrader 4」。数百ものブローカーに対応しており、アプリひとつで取引からテクニカル分析までさまざまなことを行えます。デモ口座を使ったデモトレードも行えるので、まだリアルトレードには自信がないという方は、まずはデモトレードで取引の練習をしていきましょう。

テクニカル分析は取引をする上で必要不可欠なものですが、移動平均線を表示させたり、独自のラインを引いてみたりと、分析を進めていくにつれチャートがラインだらけになってしまうこともしばしば。そんな時にやっぱりあると便利なのが大きめの画面です。チャートチェックや分析はタブレットの大画面で、決済注文はスマホで、という形で使い分ければ、混乱することもなくスムーズに取引を行えます。

  • MetaTrader 4
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



情報量の多さもタブレットで克服

取引の精度を上げるうえで大事なポイントとなる情報収集。経済指標や要人発言でチャートが急激に動くということは日常茶飯事ですが、事前に情報収集しておけばそんな時でも損失を最小限におさえることができます。

文字量が多かったり、表形式だったりというのは為替情報アプリの特徴の一つですが、大画面のタブレットを活用すればどこにいてもパソコン画面を見ている感覚でストレスなく情報収集できるのでおすすめです。

各国の経済指標、要人発言スケジュールを確認

D233-8.jpg

これから発表される各国の主要経済指標発表や要人発言をカレンダー形式で確認できる「羊飼いのFX」。チャートが急激に動く可能性が高い経済指標発表や要人発言時は、取引を控える、持っているポジションを事前に決済するなど、しっかりとリスク管理していきましょう。

  • 羊飼いのFX
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



どのラインが値動きのポイントになるのか把握

D233-10.jpg

FX取引の大口注文(市場オーダー)の情報を見る事ができる「FX ORDER」。オーダー情報と呼ばれる、ドル円、ユーロドルなど主要通貨ペアの売り・買い、ストップロス、NYオプションカット等の各種FXオーダー状況を把握することができるので、トレード戦略を立てる際に重宝します。

  • FX ORDER
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



学習から実際の取引までタブレットがあると便利

持ち運び便利なタブレットがあれば、仕事や家事の合間に行う学習や取引もスムーズに進みます。さらに、大画面でデータを管理しやすくいつでもどこでもリアルタイム情報をチェックすることもできるので、取引をする上で大きな強みとなってくれるでしょう。チャートチェックや分析、情報収集はタブレットで、決済注文はスマホで、という形で使い分ければ敏速に市場に対応でき、取引の精度も上がります。学習や実際の取引に、ぜひタブレットの活用を検討してみては如何でしょうか。

初期設定/使い方ガイド