1. ホーム
  2. マガジン
  3. ビジネス
  4. クリエイターのタブレット活用法〜カメラマン【伊藤翔さん】の場合〜

クリエイターのタブレット活用法〜カメラマン【伊藤翔さん】の場合〜

ジャンルを問わず、様々な作業をよりスムーズにしてくれるタブレットは、フレキシブルな対応が求められるクリエイターの間でも大人気。今回は、タブレットをアクティブに使いこなすカメラマン伊藤翔さんの撮影現場にお邪魔して、タブレットの活用方法を実際に見せていただきました。

タブレットを活用することで荷物がコンパクトに

D265-2.jpg

女性ファッション誌などで活躍中のカメラマン 伊藤さん。撮影道具など荷物が多いカメラマンにとって、色々なことに対応でき、かさばらず持ち運びやすいタブレットは、1台あれば打合せから撮影までサポートしてくれる頼もしい相棒だと言います。

「タブレット使用歴は約1年で、今使っているのは2台目になります。打合せや撮影時にラフや撮影イメージの確認をしたり、あらかじめタブレットに保存しておいたラフにクライアント様の要望を書き込んだり、タブレットがあらゆる役割を担ってくれるので助かっています。ノート、スケジュール帳、筆記用具代わりにもなり、タブレットを使い始めてから、外出時の荷物が格段に減りました!」

場所を問わず様々なデータを処理できるタブレット

D265-3.jpg

原稿のラフやデザインのイメージファイルなど、撮影に関連する資料も膨大なカメラマン。大画面で資料の確認がしやすく、容量の重いデータファイルもまとめて保存しておくことができるタブレットは、撮影前の情報整理や打合せ、実際の撮影時の作業などあらゆるシーンで大活躍のようです。

「タブレットがあれば、クライアント様にラフを渡されても、その場で写真を撮って取り込みメモを直接書き込んで保存できるので、離れた位置で作業しているアシスタントにも簡単に情報共有ができ、撮影イメージの認識合わせをしやすいです。『地図メモ』というアプリを使って、過去の履歴からロケ場所を探して打合せの場で提案することもあります。

  • 地図メモ
  • Google Playで手に入れよう


D265-5.jpg

撮影の素材集めやイメージ確認も、思いついた時や空き時間に常におこなっています。PCだと場所を選びますが、持ち運びができるタブレットがあれば場所を問わず、いつでも資料を確認したり、メモしたり出来るのもいいですね。ノートにペンで書いている感覚でメモできるアプリ『Metamoji Note』をよく使っているのですが、撮影イメージをそのまま絵に書いて周りの人に伝えることもできるので、とても便利です」

  • Metamoji Note
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


D265-7.jpg

「ロケハンや撮影時にタブレットのカメラで撮影をしてそのまま登録出来るのでロケ場所選定にも役立っていますよ。PCを持っていくことができない場所でのロケや撮影の際も、タブレットがあれば安心です。充電が長く持ち、場所を選ばず、画面も大きく操作もしやすいタブレットは、アプリを活用することでロケ選定から、撮影時の画像共有などロケ撮影で活躍する頻度が高いですね」

軽くて持ち運びやすいタブレットは撮影現場でも大活躍!

D265-8.jpg

タブレットのメリットはなんといっても軽量で携帯性に優れているという点。慌ただしく動き回りながらも、たくさんの人に撮影カットを確認してもらわなければならない現場でも、タブレットがあればスムーズにことを進められるそうです。

「撮影時は撮影カットをカメラからPCに飛ばし、リアルタイムで確認出来るようにしているのですが、雨の日などは雨対策をしなければならず撮影準備が手間になってしまいがちです。『Canon Camera Connect』は、撮影カットをカメラからタブレットに飛ばすことができます。軽くて持ち運びやすいタブレットをクライアントに渡しておくことで、撮影場所から離れていても撮影カットを確認できるようになりとても便利になりました。

撮影内容によってはPCよりもタブレットのほうが機動力も上がり、撮影がスムーズに行われたりします。軽量で携帯性に優れたタブレットならではの活用法です。撮影後のデータ確認も、タブレットがあれば場所を問わず、全撮影データの確認をすぐに行えるので、助かっています」

  • Canon Camera Connect
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


職種をこえて様々な場面で使える便利なタブレット

たくさんの活用法があり、様々なシーンで活躍してくれるタブレット。打合せや撮影現場などでタブレットを上手に使いこなしている伊藤さんを見て、周りにもタブレットユーザーが増えているのだそうです。

「タブレットは、使っていると周りに便利さが伝わるツールです。実際、自分が撮影や打合せで使用していると、関係者が興味を持って次に会う時にはタブレットユーザーになっていたり(笑)タブレットを活用することで、仕事の荷物を大幅に減らす事ができあらゆる作業の効率化を図れるので、今ではなくてはならない存在になっています。」

伊藤翔さんのプロフィール紹介

D265-10.jpg愛知県出身
自衛隊入隊経験を持つ異色のカメラマン。
スタジオマンを経て、カメラマン村山元一氏に師時。
独立後、雑誌やWEBなどで幅広く活躍中。

https://www.instagram.com/sho_ito723/



初期設定/使い方ガイド