1. ホーム
  2. マガジン
  3. 教育/育児
  4. ママライターが実践! アプリを使って親子で楽しくプログラミングを学ぼう

ママライターが実践! アプリを使って親子で楽しくプログラミングを学ぼう

子どもたちの論理的思考力や問題解決能力などの育成を図るため、いよいよ2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育。我が子がどのような授業を受けるのか、教育の現場にどのような変化が起きるのか関心を高めている親御さんも多いのではないでしょうか。

現在小学1年生の息子をもつ筆者もまさしく該当する1人ですが、いかんせんプログラミングについては全くの素人。ならば必修化を前に、まずは親子で一緒に「プログラミングとは何か」から学ぼうじゃないか!ということで、気軽にできる小学校低学年向けプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」にトライ。

タブレットを使うことで、ダイニングやソファなど家の中に限らず、おでかけ中でもゲーム感覚で楽しく学べました!

ゲーム感覚で楽しくプログラミング学習!

D89-02.png

公立小学校1~3年生向けに実施されたプログラミング授業を通して生まれたアプリ「プログラミングゼミ」は、子どもたちの使用感や現場の先生方の意見を反映して開発されました。



D89-03.png

「よびだされた」「ちょっとまつ」などのブロックをタップして並べると、かわいいキャラクターがその通りに動きます。ミッションをクリアするにはどのような動作を組み合わせればよいかを考えることで、プログラミングの概念を自然に習得できるという仕組み。ゲーム感覚で楽しく遊びながら、頭に描いたことを実現させるための手順を論理的に考える"プログラミング的思考"を身につけられるんです。



D89-04.png

自分で描いた絵をカメラで撮影してアニメーションを作ったり、宝石を集めたりするゲームなど全部で6つのメニューがあり、小学校低学年向けと侮っていると思いのほか、手こずります。そんなときはゲーム中の画面右上に現れる「ヒント」をタップ。分かりやすい動画説明をチェックして、再度トライしてみましょう。



D89-05.png

本アプリはWindowsのみ対応のパソコン版もリリースされていますが、直感的なタップ操作でサクサクと進められ、内蔵カメラとの連携もスムーズなタブレットでのプレイが断然おすすめです。

  • プログラミングゼミ【低学年から使えるプログラミングアプリ】
  •  Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



子どもに通わせたい習い事として、人気が急上昇中のプログラミング。まずはお金をかけずに、気軽にタブレットを使って、プログラミングの楽しさに触れさせることから始めてみてはいかがでしょうか。

タブレットならいつでもどこでもゲーム感覚で親子で一緒に楽しめますし、これまでプログラミングに馴染みのなかったママやパパにとっても良い脳トレに。さらに、お子さまと共通の話題で盛り上がれるコミュニケーションツールとしても期待できそうです!

初期設定/使い方ガイド