1. ホーム
  2. マガジン
  3. 教育/育児
  4. 先輩ママに聞く!タブレット学習デビューを失敗しない3つのポイント

先輩ママに聞く!タブレット学習デビューを失敗しない3つのポイント

2020年、教育現場は大きく変わろうとしています。その大きな柱となるのが「教育のICT化」。ICT化とは、授業で電子黒板やデジタル教科書が導入されたり、子どもひとりにつき一台のタブレット支給が進められるなど、教育現場にデジタル機器が活用されることを指します。つまり、これからの子どもたちにとってデジタル機器はより身近で欠かせない存在となります。そこで、実際に我が子とタブレット学習を楽しむママの強い味方であり、「ママのためのタブレット家庭学習勉強会」を主宰する「ICT家庭学習2020プロジェクト」リーダーの渡邉加奈子さんに、タブレット学習のメリットや失敗しないポイントを伺いました。

ポイント1 子どもの学習意欲につながるタブレット特性を把握しよう

教育のICT化にともなって、ここ数年でタブレット端末を使った家庭学習も着々と浸透し、デビューの年齢も低くなってきています。タブレット学習を効率的に取り入れ、お子さまの学習意欲につなげるためには、ママ自身がその特性を把握しておくことが大切。

動画や音声が活かせるデジタル機器ならではの強みや、素早いレスポンスは大きな魅力のひとつだと渡邉さんは言います。

D173-02.jpg

「テキストなど紙での学習の場合は、お子さまが問題を解いてから親が採点をするまでに、どうしてもタイムラグが出てしまうんです。共働きなど、両親ともに忙しいご家庭であればなおさらですね。その点、タブレット学習であれば、解いてすぐに回答が分かるなどレスポンスが早いので、『すぐに答えが知りたい!』という現代の子どもたちの特性に合っているんです」

渡邉さんによると、脱ゆとり後の教科書の内容は1.5倍に増えたにもかかわらず、授業時間は1.1倍にしか増えておらず、そのしわ寄せは宿題など家庭学習に持ち込まれているそう。また、理科の実験や課外活動など座学以外の時間が削られているのも現状で、最近では実験を行う学習塾も人気です。このような教育現場の問題点も、家庭でのタブレット学習を取り入れることでフォローできることもあります。

「動画や音声の再生や録音、写真撮影、インターネット検索などさまざまな機能が利用できるタブレットであれば、自宅にいながらにして理科の実験を疑似体験できたり、英語の発音を聞いたり、名前がわからない生き物や植物を写真に撮ってインターネットで調べたりと、一台で多様な使い方ができます」

このような使い方は、好奇心や探究心を育んでくれます。また、直感的な操作でさまざまな機能を使うことができ、子どもたちがより興味を持ち、もっと勉強したいという意欲につながることも。ほかにも、書き直しや繰り返しが簡単にできるのもタブレットならでは。間違いを恐れずに何度も繰り返し学ぶことで、記憶に残りやすいのも特徴です。

D173-03.jpg

「繰り返し学習ができるのも大きなメリットですね。タブレット教材やアプリによっては何度も問題に取り組むうちに、内容が少しずつ変わっていくものもあります。解くたびに"新鮮である"というのは、お子さまにとって魅力的!また、書き直しが簡単にできるので、漢字の書き順チェックにも最適です」

紙にはないタブレットの特性を上手に学習に取り入れることで、"勉強は楽しいもの"と自然に認識し、学習に対する苦手意識も薄れていきます。ママ自身がタブレットの特性を知ったうえで、お子さまが苦手な教科や伸ばしたい教科に合わせて教材選びをすることも必要です。

<先輩ママのタブレット学習成功例>

Aさんの場合

「漢字の書き順や美文字チェック機能を活用することで、子どもが字を丁寧に書くようになった!」

Bさんの場合

「タブレット学習は紙への書き込みと違い履歴が残るので、子どもがどのぐらい勉強したのかが随時チェックできます。以前は毎日みっちり管理してしまい、かえって子どもがやる気をなくしてしまう結果に。それからは1カ月に1回程度、親子で振り返りをするようにして、自主性に任せることに。その後はうまくいくようになりました」

ポイント2 子どもの年齢に合わせた使い方をしよう

D173-04.jpg

生き方や働き方が多様化している現代では、親の働き方や居住環境、子どもの習い事や中学受験をするかしないかなど、家庭学習の目的は各家庭によって実にさまざま。タブレットを使った家庭学習は選択肢が広く、ある程度自由にカスタマイズができるのも魅力のひとつです。子どもの年齢や生活環境に合わせた使い方をすれば、より効果的な学習につながります。

<就学前〜小学校低学年のお子さまの場合>

小さなお子さまの場合は、学習というよりは遊びながら学ぶ感覚で取り入れるのがいいようです。また、小学三年生から必修科となる外国語教科の導入に向けて、家庭でも英語の学習を早めにスタートさせるご家庭も増えています。

「低学年や就学前にタブレットを使いはじめるのであれば、座る習慣づくりに役立てるのもおすすめです。ひらがなを勉強するのに使ってもいいですし、お絵かきアプリなど遊び感覚で使わせながら、座って書くという作業になれさせてあげましょう。大きな画面である程度重みのあるタブレットを選ぶことで、机に置いて学習するようになり、姿勢や視力についても適切な環境を保つことができます」

この時期は、文字を書くことも学習のひとつ。紙の学習とタブレットでの学習のバランスを見極めながら使用させるのがいいようです。

D173-05.jpg

<小学校高学年〜中学校のお子さまの場合>

高学年になると習い事をたくさんしていたり、中学校になれば部活をしたりと、子どもたち自身が忙しくなります。ちょっとした空き時間も貴重なこの時期には、起動してすぐに学習に取りかかることができるタブレット学習が効果的。すこしだけ早起きして勉強する、習い事の行き帰りの車の中で勉強する、食事ができるまでの時間に勉強するなど、ちょっとしたスキマ時間での学習に最適です。大画面なのに持ち運びがしやすく、移動中どこでも勉強ができるのも魅力ですね。

「地域によっては、塾に通うのに片道1時間もかかる...という話も聞きます。これまでかかっていた往復2時間の移動時間を自宅でのタブレット学習に差し替えれば、それ以外の時間で読書をしたり、別の習い事をしたり、家族で一緒に過ごしたりと、時間を有効に使うことができます。最近では海外赴任先でも、日本の学習が現地にいながら受けることもできるなど、タブレット学習利用の幅が広がっているようです」

また、中学受験を目的としていれば、学校よりも一年先取りで勉強ができたり、苦手な教科があれば家でじっくりとフォローすることもできます。

<先輩ママのタブレット学習成功例>

Cさんの場合

「水泳の強化選手に選ばれて、朝も放課後も練習三昧...。なかなか家庭学習の時間が確保できないので、タブレット学習を取り入れはじめたところ、車での移動中やちょっとした待ち時間など、スキマ時間をタブレット学習にあてられました。5分、10分でも積み重ねることが大事なんだと実感しています」

ポイント3 家庭での使い方やルールを親子で決めることが大事

タブレット学習のデビュー時期で多いのが、小学校や中学校に進学するタイミングや中学受験を考え始める頃。そして、家庭で使いはじめるときに一番大切なのが、使い方の約束やルールづくりです。ママがタブレットの特性や注意すべきポイントをしっかり踏まえて、子どもとママの間でルールを守ることを約束させましょう。

D173-06.jpg

「例えば、一度に続けて使う時間は30分間にする、テーブルや机に座って必ず明るい場所で使用するなど、時間や使う場所は家庭内できちんと決めます。また、タブレットを使い終わったら、目を休めることが大事なことも伝えましょう。親子で一緒に目の体操をするのもいいですね!」

タブレットは決して与えっぱなしにはせず、ママは子どもが安全にタブレットを使えるように環境を整えるサポーターになりましょう。時間を区切って声かけをしたり、タイマーなどを活用したりするのも有効だそうです。

「自動採点や解説を読んで解決するなど、ひとりで進められる部分は経過を見守りながら、頑張った過程をしっかり褒めてあげましょう。お子さま自身が"見られている"意識を持つことで、困ったときやトラブルがあったときに、親に相談しやすい体制を作っておくのがおすすめです」

子どもが安全にタブレット学習をするためには、インターネットのトラブル事例を知っておいたり、フィルタリングを設定するなど、セキュリティ面での知識をママ自身が持つことも必要です。「ママのためのタブレット家庭学習勉強会」では、ママに向けてルールづくりのコツやセキュリティの知識などを伝えています。

D173-07.jpg

<先輩ママのタブレット学習成功例>

Dさんの場合

「中学生や高校生になり、家族以外の友達とやり取りをするようになると、SNS上のトラブルが心配...。そこで、親の目が届く小学生のうちに、自分専用のタブレットを使って家族内でのコミュニケーションを経験させています。パパからすぐに返事がなければ、『パパは今、仕事ですぐに返事ができないんだね』など、相手にも都合があることや、相手を傷つけない表現の方法などを教えています」

D173-08.jpg

動画や音声、インターネット検索などデジタル機器ならではの機能や、繰り返し学習や素早いレスポンス、持ち運びのしやすさなどタブレットならではの強みは、子どもの学習意欲を掻き立て、忙しい子どもたちの学習ツールとして活躍してくれます。親自身がタブレットの特性や気をつけたいポイントをしっかり踏まえた上で、家庭の環境や子どもの性格に合わせて、タブレット学習を取り入れてみましょう。2020年の教育改革に向けて、親が今からできる準備のひとつがタブレット学習なのかもしれませんね。

ICT家庭学習2020プロジェクト
渡邉加奈子さんのプロフィール紹介

D37_15.jpg子どもたちが家庭環境や住んでいる場所にかかわらず一定水準の教育が受けられること、学ぶ楽しさを知り未来のチカラになる自立学習の習慣を育むことを願うママ発のプロジェクト。教育のICT化や新しい学びのスタンダードをママからママへ伝える「ママのためのタブレット家庭学習勉強会」を開催。 2児のママでもあり、子どもたちと一緒にタブレット家庭学習を楽しんでいる。

初期設定/使い方ガイド