1. ホーム
  2. マガジン
  3. 教育/育児
  4. お子さまの創造力はタブレットで遊ばせて伸ばしてあげよう!

お子さまの創造力はタブレットで遊ばせて伸ばしてあげよう!

小学生の将来なりたい職業ランキング(日本FP協会調査)のTOP10に「ゲーム制作関連」や「YouTuber」がランクインするようになりました。つまり、現在多くのクリエイターが活躍していて、多くの子どもが憧れる時代。しかし実際のところ、クリエイティブな感性はどうすれば養うことができるのでしょうか。

クリエイティビティ=創造力は2〜5歳の頃にいかに身につけるかが重要です。子どもの頃から何かを創作する機会が多いと考える力がつき、創造性や社会性までも伸びるそうです。創造力は発想力や感性を磨くことはもちろん、音楽に親しむことでも育まれるといわれています。タブレットでこれらを養って、お子さまの創造力を伸ばしてあげましょう。

タブレットは大画面なので小さなお子さまでも直感的に遊べます

D249-02.jpg

いろいろなものに興味を持ち出す2〜5歳の時期に、創造力を育む力を養うにはタブレットが効果的。画面が大きいのでお子さまでも扱いやすく、まだ字が読めない年齢でも動画などで楽しむことができます。遊びながら自然と発想力や感性などを養えたり、音楽に親しめたりできる方法を紹介します。

動きや色を予想して発想力を育む

D249-03.png

蛇口から水が流れる様子を見たり、2色の絵の具を混ぜて色の変化を楽しんだり...そんな贅沢な遊びを楽しめるのが、アプリ「みずあそび5」です。画面上の蛇口から水が流れ続けるので水の下に線を描いて、流れを変えたり、水を溜めたりすることも。遊び方次第で毎回動きが変わるので発想力が育まれます。また異なる色が混ざり合うと新たに新しい色にもなるので、何色になるのか予想しながら楽しむことができます。

慣れてきたら水の流れを予想して自分で書いた絵に色をつけることも!

画面の大きいタブレットなら、線や絵も大きく書くことができるのでお子さまの小さな手でも自由に描けます。動きや色を予想して発想する力を身につけてみませんか。

  • みずあそび5
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



物語を作って感性を磨く

D249-05.png

絵本の読み聞かせをしていると、いずれはお子さまのお気に入りの絵本が出てくるはず。〇〇が好きという感性は大切にしたいものです。アプリ「ゆびつむぎ」は人気イラストレーターたちの可愛らしいイラストが絵本のように表示されます。そのイラストを指でタッチしたりなぞったりすると、イラストを動かすことができたり、新しい動物が現れたりします。自分が出した動物や動きに物語をつけると独自の感性を磨くこともできますね。

タブレットなら大画面なのでイラストが大きく表示されて見やすいため、細かなところまで分かりやすいのでいろんな発見があるかも。

  • ゆびつむぎ
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



音を自由に鳴らしてリズム感覚を養い音楽に親しむ

D249-07.png

幼い頃から音楽に親しむことと、創造力を育むことは深い関係があるといわれています。小さなお子さまが音楽に親しむには、リズム感覚を刺激するアプリで遊ぶと効果的です。アプリ「しまじろうと鳴らしてあそぼう!ドンジャカプー」は、世界中の名曲とともにさまざまな楽器の演奏ができるので、遊びながらリズム感覚を養うことができます。

タブレットなら壁などに立てかけて画面を見ながら、音楽に合わせてダンスを楽しむこともできますよ。

  • しまじろうと鳴らしてあそぼう!ドンジャカプー
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



タブレットを活用して目指せ!未来のクリエイター

D249-09.jpg

タブレットを使って楽しみながらゲームをすることで、意識せずとも創造力を伸ばすのに必要な発想力・感性が養え、音楽に親しむことができます。お子さまが興味を持ったこと、関心を寄せたものを活かして創造力を伸ばしていくことができれば、きっとお子さまの将来の幅も広がるはずです。

初期設定/使い方ガイド