1. ホーム
  2. マガジン
  3. 教育/育児
  4. 子どもの知的能力を伸ばす!知育にタブレットを活用しよう

子どもの知的能力を伸ばす!知育にタブレットを活用しよう

子どもの知的能力と豊かな心を育てることができる知育。幼児期の知育はいわゆる英才教育のようなものではなく、子どもの好奇心や興味を引き出すことで楽しく進めることができます。今回はそんな知育にタブレットを活用する方法をご紹介します。

絵カードを触ってモノの名前や仕組みを楽しく学習

D294-2.jpg

親子で楽しめる未就学児向けアプリ「ミスターシェイプのタッチカード」。絵カードのイラストを触ると音が出たり、動かせたり、かくれた仕掛けがあったりとさまざまなアクションで楽しませてくれます。タブレットの大画面を親子で一緒に共有しながら視覚だけでなく聴覚も刺激して、モノの名前や仕組みを学習できる便利なアプリです。

  • ミスターシェイプのタッチカード
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


謎解きをしながら記憶力、理解力、観察力を育む

D294-4.jpg

こちらは大人気シリーズ「おしりたんてい」の5歳以下向け絵本アプリ。絵本全体に謎解き要素がちりばめられており、謎解きに必要な記憶力、理解力、観察力といった力を自然と身につけることができます。タブレットがあれば移動中や外出先でのちょっとした空き時間でも知育を行うことができ、ぐずり防止にも最適です。

  • おしりたんてい
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


絵画練習で創造性や想像力の発達を伸ばす

D294-6.jpg

線をなぞることで動物や乗り物などの描き方を学べる8歳以下向けアプリ「子供のための絵画練習」。段階的に描いていくので小さなお子さまでも無理なく楽しむことができます。自分の描いた絵を動かすこともでき、創造性や想像力を伸ばすのにピッタリ。タブレットの大画面があれば、描いた絵に色をつけたりといった操作もストレスなく行うことができますよ。

  • 子供のための絵画練習
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


知育の補助としてタブレットを上手に活用

今回はタブレットを活用した知育をご紹介しましたが、実際に自然や生き物に接しながら触感や匂いなどリアルな刺激をお子さまに受けとってもらうことも知育を行う上でとても重要です。タブレットでの知育はあくまでもその補助として考え、アプリの使用時間を守りながら、お子さまと一緒に上手に活用していきましょう。

初期設定/使い方ガイド