1. ホーム
  2. マガジン
  3. 趣味/エンタメ
  4. 世界の名画を手の中に。タブレットでバーチャルな美術館体験を。

世界の名画を手の中に。タブレットでバーチャルな美術館体験を。

ルーブル美術館、メトロポリタン美術館など、

名だたる美術館に所蔵されている名画たち。タブレットを使えば、いつでもどこでも鑑賞できるのをご存じですか? 今回は、タブレットの大きな画面を使ってHD画質の美しい写真で名画を楽しみ、お気に入りを手元に残す。そんな新しい形の美術館体験についてご紹介します。

美術館アプリで、名画を高画質で堪能する

美術館の所蔵する名画を、HD画質の写真でじっくり楽しむことができるアプリがあります。

ここで紹介するのは、「ルーブル美術館HD」、「メトロポリタン美術館HD」、「印象派HD」の3つのアプリ。お気に入りの画家の絵画をダウンロードしたり、好きなジャンル、時代の絵画をスライドショーで鑑賞したり、楽しみ方は自由自在。タブレットの大きな画面なら、高画質の名画写真を細部まで見ることも、俯瞰して眺めることもでき、いつでもどこでも美術館に行ったかのような充足感を味わえます。

ルーブル美術館 HD

世界の美術ファンを虜にし続けているフランス・パリのルーブル美術館。こちらのアプリにはその中から約2,300点の名画をコレクションしています。

ラファエロ、レンブラント、ドラクロアの名画はもちろん、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」や、フェルメールの「レースを編む女」など実際のルーブルでは、人だかりに阻まれてじっくり鑑賞できない人気の名画も、タブレットなら独り占め。思いのままに鑑賞することができます。

D133-2.jpg

  • ルーブル美術館HD
  • App Storeからダウンロード



メトロポリタン美術館 HD

アメリカ・ニューヨークの人気観光スポットにもなっているメトロポリタン美術館に所蔵されている、1,500点の作品を鑑賞できるアプリ。

モネの「睡蓮」、ゴッホの「自画像」、その他にもマネ、ドガ、ゴーギャン、ルノワールなど、誰もがみたことのある有名な作品が揃っているので、絵画に詳しくない人でも気軽に楽しむことができるコレクションです。



D133-3.jpg

  • メトロポリタン美術館 HD
  • App Storeからダウンロード



印象派 HD

日本人にもなじみの深い、印象派の画家の名作をコレクションしたアプリです。

ゴッホ、ゴーギャン、ルノワール、モネなど16名の印象派画家の、繊細で優しいタッチの絵画を楽しむことができます。

コレクションされているのは、930点もの選び抜かれた印象派の有名絵画など。印象派好きにはたまらないセレクトです。



D133-4.jpg

  • 印象派 HD
  • App Storeからダウンロード



美術館アプリにはタブレットの使用がおすすめ!

これらの絵画をじっくり楽しむ鑑賞系アプリを使う際には、タブレットが断然おすすめ。

タブレットの大画面は、名画の美しさを臨場感をもって伝えてくれる!

美術館では、絵画に近づいたり、離れたりしながら一枚一枚を鑑賞しますよね。タブレットを使えば、これと同様のことが可能になります。タブレットの大画面は拡大してタッチをじっくり観るにも、すこし俯瞰で絵画の全体像を鑑賞するのにも最適の大きさ。よりリアルな絵画鑑賞体験を可能にします。

絵画の一覧画面表示でも、一枚一枚の特徴が分かる!

「誰が描いたのかは忘れたけれど、女性が針仕事をしている絵をもう一度見てみたい」。

そんな時は、アプリで「肖像」ジャンルを検索、タブレットの大画面で絵画一覧をチェックしてみましょう。タブレットを使えば、大きな画面で一覧を見ることができるので、すぐにその絵を発見。フェルメールの「レースを編む女」にたどり着くことができました。



D133-5.jpg

今回ご紹介したアプリでは、絵画をダウンロードすることも可能。お気に入りの絵画を集め、自分だけのバーチャル美術館を作ってみるのもいいですね。

無料アプリで世界の名画を楽しみたい方へのおすすめアプリ

今回紹介させていただいた「ルーブル美術館HD」、「メトロポリタン美術館HD」、「印象派HD」は有料アプリになります。

無料で楽しみたいという方におすすめのアプリは、「WikiArt」「Art-droid」「Google Arts & Culture」。こちらは世界の有名絵画をコレクションしたアプリで、多数の美術館、博物館などに所蔵されている名画が一同に集められています。高画質なHD写真や、個々の美術館体験をすることはできませんが、タブレットを使えば、大画面で世界の名画をゆったりと楽しむことができます。日本語に対応していないものもありますが、基本は絵画で検索をしていくので、無理なく芸術の世界を楽しむことが可能です。

  • WikiArt
  • App Storeからダウンロード



世界中から3,000人のアーティストによる約250,000点の作品を集めたアートアーカイブWEB「Wikiart.org」を楽しめるアプリ。ダヴィンチからピカソ、バスキア、ノーマンロックウェルと幅広いジャンルの名作を鑑賞することができます。アーティスト別検索や自分のお気に入りをコレクションすることなども可能。(日本語対応なし)

D133-6.jpg

  • Art-droid
  • Google Playで手に入れよう



こちらも世界の名画をコレクションした「Wikiart.org」のデータにアクセスできるアプリ。世界的に人気のある作品を一覧で確認し、気になる一枚を探す。そこからアーティストの詳細を調べ、さらに同じ人の作品を探すなどの操作が、あっという間にできます。(日本語対応なし)



D133-7.jpg

  • Google Arts & Culture
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



世界 70 か国、 1,200 以上の美術館、博物館、ギャラリー、協会から作品をコレクション。誰もがオンラインで楽しめる展示を提供しているアート教育系アプリです。作品をアーティストや、技法、芸術運動などから検索することはもちろん、アーティストの略歴、作品の背景なども提供。より知識を深め、芸術に親しむことができます。



D133-8.jpg

じっくり、ゆったり。バーチャルな美術館を楽しもう

タブレットでのバーチャルな美術館体験なら、どんな場所にいても絵画を鑑賞をしたい美術好きの方、子どもがいるので美術館に行きづらいという方、どんな方にも気軽に楽しんでいただけます。

タブレットの大きな画面は、名画をすみずみまで堪能する際にも、一覧で作品画像を確認する際にも役立ちます。いつでもどこでも持ち歩き、鑑賞することのできる名画コレクション。大画面のタブレットを使って、ぜひバーチャル美術館体験をしてみてください。

初期設定/使い方ガイド