1. ホーム
  2. マガジン
  3. 趣味/エンタメ
  4. わが家のタブレット活用術〜シニア世代編〜 シニア世代のイキイキした毎日をサポートする、タブレットのある暮らし

わが家のタブレット活用術〜シニア世代編〜 シニア世代のイキイキした毎日をサポートする、タブレットのある暮らし

65歳以上が全人口の20%以上を占める超高齢社会を迎え、定年後も再就職して働き続ける人や地域のボランティア活動に生き甲斐を求める人が増えています。今や65歳以降も若々しく、元気に、健康でいることが大切なのです。

そんな65歳以上のシニア世代にこそおすすめしたいのがタブレットです。散歩や体操のお供に、頭を使うゲームやパズルにと、タブレットが身体と頭両方の健康をサポートしてくれます。

画面の大きいタブレットは、シニアにも見やすくて操作しやすい

画面が大きいタブレットは、文字や画像などが確認しやすく、シニア世代でも操作しやすいという特徴があります。また、ショルダーバッグなどを使って肩からぶら下げれば両手を空けることもできますし、置き忘れなどの防止にもつながるので安心。家の中でも外でもタブレットを活用して、いつまでも若々しく、イキイキとした毎日を実現しましょう。

6:00

身体のすみずみまで動かす体操で、1日を爽快にスタート

早朝から活動開始するシニア世代。そんな元気なシニアの身体を目覚めさせるのがラジオ体操です。ラジオ体操はよく考えられていて、最初から最後まで正しく行うと全身をくまなく動かすので1日の始まりに最適。さらに、肩こりの改善をはじめ、呼吸機能の促進、消化器の働きの改善、腰痛の予防なども期待できるのだとか。

タブレットがあれば、そんなラジオ体操をもっと楽しく続けられます。例えば動画で体の動きを確認しながらラジオ体操に取り組める「毎日体操」を使えば、公園などで集まってラジオ体操をするのにぴったりです。また、ラジオ体操以外にもさまざまな体操が収録されているので、日替わりで体操を楽しむこともできます。

D194-2.jpg

  • 毎朝体操
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



9:00

ウォーキングのコースや写真などを記録して、ライフログを作る

ラジオ体操でウォーミングアップして朝食を済ませたら、近所をぷらっとお散歩。ウォーキングは有酸素運動の代表格であるだけでなく、歩くことで骨が刺激されて骨粗鬆症の予防になったり、認知症の予防になったり、心肺機能を高めたり、血圧を下げたり、ストレスを軽減させたりする効果もあるのだとか。

D194-4.jpg

そんな健康増進効果抜群のウォーキングも、ただ歩くだけでは飽きてしまいます。そこでおすすめしたいのが、ウォーキングの時にタブレットを持ち歩くこと。中でも「リンククロス アルク」は、タブレットに搭載されているさまざまなセンサーやGPS機能などと連動してウォーキング中に歩いた歩数やルートなどを自動的に記録してくれます。

D194-5.jpg

D194-6.jpg

散歩中に気づいたことやみつけたお気に入りポイントなどは「あるメモ」という機能を使ってひと言メモや写真を残すことができます。

いつ、どこをどのくらい歩いたのか、ライフログとしていつでも振り返って楽しむことができるだけでなく、公開して他のユーザーに教えたり、他のユーザーのオススメポイントなどをチェックすることも可能。

また、春なら「お花見しながら歩こう」など、季節ごとにさまざまなテーマでおすすめのウォーキングコースを提案してくれます。小さめサイズのタブレットもあるので、アプリを使ってウォーキングがもっと楽しくなりますね。

  • リンククロス アルク
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



画面が大きいタブレットは明るい場所でも見やすく、外で使うのに最適。タブレット用のショルダーケースなどを使えば両手が空けられるだけでなく、置き忘れなども防げて安心ですね。

D194-8.jpg

参考商品:Hy+dtab(ディータブ) d-01K PU ショルダーケース ブラック・ブルー(カードホルダー、ハンドストラップ付き)

14:00

気の置けない友人を招いて、世間話をしながら対局を楽しもう

昼食を終えて一服したら、友人を招いて将棋でも楽しみましょう。将棋や囲碁などのゲームは、いわば頭の体操。考えることで脳の活性化につながります。

D194-9.jpg

タブレットで楽しめる将棋のアプリというとオンライン対戦を楽しめるものが多いのですが、「ただの将棋」はタブレットを挟んで目の前にいる人との対局が楽しめるアプリ。アプリを立ち上げるだけですぐに対局が楽しめます。

D194-10.jpg

世間話などに熱中していると、つい忘れてしまいがちな指す順番を教えてくれるだけでなく、駒を動かすことができる場所も教えてくれたり、「成る」ことができるタイミングなども教えてくれるので、初心者でも気軽に将棋を楽しむことができます。

  • ただの将棋
  • Google Playで手に入れよう



20:00

夜はじっくりとパズルゲームに取り組んで、頭を鍛えよう

夜、ゆったりとテレビなどを楽しむのもいいのですが、タブレットがあればパズルゲームで遊ぶのもおすすめです。考える、ひらめく、間違える、再び考える、という一連の刺激が、脳を活性化させてくれます。

中でも、ひとり静かにじっくりと取り組むのに最適なのが「数独」や「ナンプレ」と呼ばれるパズルゲーム。9×9のマスが9つのブロックに分けてられており、それぞれのブロックに1~9の数字を入れつつ、タテ、ヨコで他のブロックの同じ数字と重ならないようにするというもの。シンプルですが奥が深く、世界中で多くのユーザーに愛される人気ゲームなのです。

D194-12.jpg

初級~上級まで難易度が選べるので、いつでも誰でも、手軽に頭の体操が楽しめます。また、毎日やればデイリーボーナスなどももらえるので、継続するのも楽しくなりますね。

  • ナンプレ
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



暮らしにタブレットを取り入れて、いつまでも若々しく、元気な毎日を

タブレットの画面に合わせて体操をしたり、タブレットとともにウォーキングをすれば、身体面の健康増進につながります。またタブレットを使ってパズルゲームや将棋などをすれば脳が鍛えられます。もちろんそれ以外にも、インターネットで最新のニュースや情報などを検索したり、SNSを使って遠くに暮らす家族や友人たちとの交流を楽しんだりなど、楽しみ方は無限大。いつまでも若々しく、元気で健康な生活を送るためにも、毎日の暮らしにぜひタブレットを取り入れてみましょう。

<わが家のタブレット活用術>

D194-14.jpg

わが家のタブレット活用術〜おうち時間編〜
初期設定/使い方ガイド