1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. 暮らし/ライフスタイル
  4. 充電が遅い時に確認したい3つのこと

充電が遅い時に確認したい3つのこと

タブレットで十分楽しんだ後、電池残量が減っていると充電をしますよね。そのとき、「普段より充電の速度が遅い!」と感じることがありませんか? 充電が遅くなる理由はさまざまな原因がありますが、主に供給電圧の不足と、タブレットの消費電力が多くなっていることが考えられます。効率的に充電できれば、快適にタブレットを利用できるようになりますね。

充電をパソコンのUSB端子から充電器に変える

D5_2.jpg

タブレットは、USB端子から充電を行いますが、給電元によって電圧に差があり充電時間がかわります。電圧の低いパソコンのUSB端子からの充電では時間がかかってしまう場合、純正の充電アダプタを使って家庭用コンセントから充電すると時間が短縮できます。


タブレットの電源を切ったまま充電する

D5_3.png

タブレットは、起動しているだけで待機電力が必要になり、その分だけ充電に時間がかかります。充電中に利用しないなら、電源を切ったままの状態で充電をすると効率的です。電源を切るには、電源ボタンを長押しし、メニューから「電源を切る」をタップします。すると「タップして電源を切る」の確認が表示されるので、もう一度タップすることで電源を切ることができます。

※画像イメージはd-01Jを利用しています。他機種の場合、異なる場合がございます。



機内モードに設定して充電する

D5_4.png

タブレットを「機内モード」にすると、データ通信機能がOFFになって、必要最低限の機能以外を切ることができます。この状態で充電することで素早く充電することができます。「機内モード」にするには、画面上から画面内にスワイプして通知ウィンドウを表示させます。

※「機内モード」設定中は通信機能がOFFになるため、メールやLINEなどの送受信ができなくなります。


D5_5.png

表示された通知ウィンドウの「機内モード」をタップすることで、ON/OFFを切り替えることができます。また、設定画面からも切り替え可能です。


タブレットを充電するときは、できるだけアプリを終了して待機電力を減らす、余分な機能を切っておく、電源を切るなど、充電中の電池消費を抑える方法も時間短縮に有効です。また、使用しているUSBケーブルが充電用途に向いていない規格などの可能性もあります。純正の充電アダプタで充電するようにすると、いざ使うときにほとんど充電できてなくて困った!ということもなくなります。

初期設定/使い方ガイド