1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. 暮らし/ライフスタイル
  4. 知らなかった......で後悔したくない! 絶対にやっておきたいセキュリティ対策

知らなかった......で後悔したくない! 絶対にやっておきたいセキュリティ対策

ショッピングにメール、スケジュール管理と、使い始めると便利で手放せなくなるのがタブレット。でも使いこなすほどに大事な情報が増えてきたら、セキュリティ対策が必要になってきます。「家から持ち出さないから大丈夫!」なんて人も、ネットを介した不正アクセスや、信用できないアプリが勝手にデータを送信していた、などの危険とは実は無縁ではないんです! 気が付いたら自分のタブレットが知らない人に悪用されていて他の人に迷惑をかけていた、なんてことも......。

そんな危険を未然に防ぐためにも、「Tabmo」では安心してタブレットライフを楽しめるセキュリティ対策方法をご紹介します!
※画面・操作イメージはd-01Jのものです。


今どきのセキュリティの基本は指紋認証!

タブレットのパスワードを、面倒だからと簡単な文字列にしていませんか?安易なパスワードは、ないのと同じで危険です。そんな時は、dtab (d-01J)など指紋認証機能が搭載されている機種が活躍してくれます。あらかじめ登録した自分の指紋でなければ、タブレットの起動やロック解除ができなくなるんです。さらにアプリ購入時も、指紋で決済できる優れもの!世界に一つだけの自分の指紋なら、セキュリティ面でも安心だし、パスワードを入れる手間も省けて便利ですね。


d33_2.jpg指紋認証は「設定」から「指紋ID」を選択、そして「ロック解除画面」のチェックをオンにします。


d33_3.jpg

指紋登録は好きな指をホームボタンに数回押し付けるだけ! 指示に従って角度や位置を少しづつ変えながら押せば登録完了。複数の指を登録できるので、左右の人差し指や親指など使いやすい指を登録しておけばログインも簡単ですね。瞬間的に認証が済むのでパスワードなどでの認証よりも使い勝手がいいですよ。


悪質なアプリのインストールを防ぐカンタン設定

パスワード認証のセキュリティを十分にしても、まだ万全とはいえません。直接タブレットを操作されなくても、インストールしたアプリの中に、勝手に個人情報をどこかに送信してしまう、危険なものがあるかもしれません。気が付いたら個人情報が全部流出していた......なんてことが起きる危険性も...!?
Google Playストアに登録されているアプリは、コンピュータウイルスが入っていないかなどがチェックされたものが、登録されています。信頼できるストアやWEBサイト以外からインストールしたアプリなどは、必要がない限り使わないほうが安心です。ストア以外からのアプリはインストールしたくない!という方は、設定で制限しましょう。


d33_4.jpg「設定」から「セキュリティ」を選択し、「提供元不明のアプリ」のチェックをオフにしましょう。これでGoogle Playストアなどの提供元がしっかりしているサイトからしかアプリをダウンロードできなくなります。


強力なパスワードで、さらにセキュリティを万全に!

タブレットで使っているパスワード、覚えやすいからといって、続き番号や自分の誕生日、電話番号、住所の番地などを使っていませんか?推測されやすいものはセキュリティが万全とは言えません。理想的なのは、大文字と小文字の英数字をランダムに使った意味のない文字列。「入力がめんどくさい!」と嫌がらずに、しっかりとパスワードを設定することで個人情報流出を防ぐことができます。さらに一定期間ごとに変更すると、より安心ですよ。


d33_5.jpg画面ロックのパスワードを変更するには「設定」の「画面ロックとパスワード」から「画面のロック」をタップします。ここから、PIN入力や指紋認証。パターン認証などにも切り替えることができますよ。


d33_6.jpg画面のロック方式を「パスワード」にすれば、新しいパスワードの設定画面が表示されます。英字の大文字小文字に加えて数字を組み合わせます。この際、意味の通らない文字列にするのがオススメ。10文字以上だと安全度がかなり向上しますよ!


データを暗号化すれば、不正コピーされても安心!

ここまでご紹介したセキュリティ対策は、タブレットを不正に操作されてデータを盗まれることを防ぐ方法でした。でもUSBでパソコンと接続した場合、パソコンから操作することで、タブレットを直接操作することなくデータをコピーしたり、見られてしまう危険性もあるんです。それを防ぐ方法が、データを保存しているフォルダを「Safeボックス」として暗号化してしまうこと! パスコードを入れないとパソコンからも見られないようにできますよ。

設定はとってもカンタン!


d33_7.jpg「設定」から「指紋ID」をタップして、「指紋管理」画面を表示させます。そこで「Safeボックスへのアクセス」機能をオンにしてください。


d33_8.jpg

すると、「Safeボックスを有効化」の画面が表示されるので「有効化」ボタンをタップします。その後、表示されるパスワード設定画面などを記入すると、Safeボックス機能が使えるようになりますよ。パソコンからのデータコピーも防ぐことができるSafeボックス機能は、仕事のデータなどを扱うときは必ず設定しておきたいですよね!


大事なデータが満載のタブレットを守るには、セキュリティへの心配りは必要不可欠。知らない人がタブレットを操作できないようにしっかりロックすることはもちろん、怪しいアプリはインストールしない、直接データを吸い出される危険性にも気を配って暗号化しておくなど、多方面からデータを守る工夫が必要です。この記事を参考に、お持ちのタブレットのセキュリティをもう一度確認してみてくださいね!

初期設定/使い方ガイド