1. ホーム
  2. マガジン
  3. 暮らし/ライフスタイル
  4. まさかの災害に備える!タブレットでできる防災・減災対策

まさかの災害に備える!タブレットでできる防災・減災対策

地震や台風など、日本は災害が多い国。緊急地震速報はスマートフォンのエリアメールで配信されるなど、災害を減らすための仕組み作りはさまざまな形で行われています。

防災・減災は、なんといっても平時のときの準備が大事!タブレットには、防災・減災アプリが多く用意されているのでインストールしておけば、いざというときに大いに役立ちます。また、大きな画面だから防災情報をご家族揃って一緒に確認できます。

「防災情報 全国避難所ガイド」で災害情報や避難所の情報を手に入れる

D126-02.png

「防災情報 全国避難所ガイド」は、災害に関する総合アプリ。避難所の検索だけでなく、災害情報のプッシュ通知など災害時に役立つ多くの機能を搭載。防災・減災対策にぜひとも入れておきたいアプリです。



D126-03.png

さまざまな災害情報はトップ画面で確認が可能です。緊急地震速報だけでなく、気象情報や携帯電話の不通などの速報も通知されるので、現在発生中の問題を素早く確認できます。また、GPSの位置情報に連動しているので、現在いる地域で発生した災害の速報を受け取ることも可能です。

災害が発生したときに気になるのは安否情報ですよね。災害時の安否確認サービスのひとつである「Googleパーソンファインダー」への登録がアプリから可能です。安否情報を登録しておけば、電話がつながりにくい状況でも遠隔地の相手に消息を伝えられます。



D126-04.png

災害発生時に重要なのは「正しい情報」。SNSの普及で多くの情報が発信されるようになりましたが、その中には真偽が怪しいものも少なくありません。「防災情報 全国避難所ガイド」は、国がTwitterやFacebookで発信する最新情報にすぐアクセスできるようになっているので、最新の正しい情報をいち早く入手できます。

現在いる地域の最新情報は、その地域の自治体が発信する情報が役立ちます。「エリア情報」では、現在いる地域の自治体のサイトへリンクが表示されるので、最新の情報へのアクセスも容易です。



D126-05.png

災害はいつやってくるかわかりません。だからこそ、万が一のときの避難場所は事前にチェックしておきたいものです。「防災情報 全国避難所ガイド」には、全国の自治体が定めた災害時の避難所や避難場所を約12万件以上収録。避難所は地図上にピンで表示されており、タップすればその避難所の詳細情報をすぐにチェックできます。

災害時は通信ができなくなる恐れもあり、普段使っているマップアプリは利用できない恐れも...。しかし、このアプリは起動したときに最寄りの避難所を検索して地図データをダウンロードすることが可能です。ダウンロードされたマップはネットにつながっていなくても表示されるので、まさかのときでも安心です。



D126-06.png

平時にチェックしておきたいのがハザードマップ。土砂災害警戒区域や浸水想定区域など、災害発生時に二次災害が想定されるハザードマップ情報を種類ごとに確認できます。

洪水や土砂災害が起きにくい地域を選ぶようにして避難所へ移動すれば、二次災害に巻き込まれるリスクを軽減できます。タブレットの大画面ならマップも見やすいので、ご家族と一緒に避難所やハザードマップをチェックしておくと減災につながります。

これらの機能は全て無料で利用可能となっています。災害時の安心・安全のためにもタブレットに入れておくのがおすすめです。普段からご家族で情報を共有しておけば、より安心です。

  • 防災情報 全国避難所ガイド
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



防災・減災を家族で楽しく学ぶ!

D126-08.png

「東京都防災アプリ」は、首都直下型地震などを想定して家庭向けに作成された防災ブックをベースにしたアプリ。「東京都」と記載されていますが、収録されている内容は一般的な防災対策なので、どの地域に住んでいても役立ちます。



D126-09.png

「東京防災」モードは、防災の基礎知識や、発災時にどうするべきかなどが収録されています。「まずはここから学ぼう」では、震発生直後に起こり得る事態や取るべき行動や避難生活、地震以外の自然災害の基礎知識をイラスト付きで解説。

便利なのが備蓄チェックリスト。食料、生活用品のようにカテゴリーで分けられており、足りないものをすぐにチェックできます。非常用持ち出し袋リストや4人家族をモデルにしたユニットリストも掲載されているので、用意すべきものをイメージしやすいのも大きなポイントです。



D126-10.png

「東京くらし防災」モードは、女性の視点で無理なく取り組める防災対策などを紹介しています。被災者の体験談も盛り込まれており、被災時の対処法がよりわかりやすく紹介されています。

防災に関するクイズや、災害のシチュエーションを選んで対処方法を学ぶシミュレーションなど、ゲーム感覚で防災知識を得られるモードもあるので、ご家族と一緒に防災対策を学ぶのにおすすめです。

このアプリの特徴は、なんといっても災害時の対策を楽しく学べること!クイズやシミュレーションといったゲーム感覚のモードや、イラストが豊富な解説など、大人だけでなくお子さまでも楽しんで使えるようになっています。平時にご家族と一緒に読んで、まさかの災害に備えておきましょう。

  • 東京都防災アプリ
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



災害時に利用できる無料Wi-Fi「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」

D126-12.png

災害時に困るのが通信の切断。タブレットやスマートフォンが使えないと災害の最新情報や安否情報が入手できなくなり困ってしまいますね。このような災害の際、無料で利用できるWi-Fiがあることをご存じでしょうか?

「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」は、東日本大震災を受け、NTTドコモをはじめとする通信各社が大規模災害発生時の通信接続手段のひとつとして熊本地震から運用をスタートさせたもの。災害発生時に無料Wi-Fiが解放され、誰でもネットへ接続できます。

接続方法はカンタン。タブレットの接続画面でWi-FiをONにしたあと、ネットワーク選択の画面で「00000JAPAN」のネットワーク名(SSID)を選択するだけでOK!IDやパスワードは入力しなくてもインターネットが利用できます。

ただし、緊急時の通信手段のため、通信の内容は暗号化されていません。利用する場合は、あくまで災害情報の入手手段として利用するようにしましょう。

タブレットで家族揃って防災・減災について話合おう。

いつやってくるかわからない災害には、事前の準備が重要!今回紹介したアプリは、どれも防災・減災に役立つ機能が満載なので、入れておいても損はないはず。タブレットの大画面なら、ご家族揃って内容をチェックして情報の共有が可能です。ぜひ普段から利用して、防災・減災対策の参考にしてみてください。

初期設定/使い方ガイド