1. ホーム
  2. Tabmo(タブモ)
  3. 暮らし/ライフスタイル
  4. タブレットなら写真やイラストの追加も簡単!子どもと一緒に年賀状をつくってみよう

タブレットなら写真やイラストの追加も簡単!子どもと一緒に年賀状をつくってみよう

親戚や親しい友人への新年のご挨拶といえば年賀状。最近ではメールやトークアプリで簡単に済ませる方も多いですが、写真や思いがこもったメッセージが入った年賀状は、新年ならではの"贈り物"に。今年は家族で一緒に、タブレットを使って年賀状をつくってみませんか。

タブレットなら大きな画面でイラストや写真の入った年賀状の編集も簡単ですよ。

好みのデザインで写真入り年賀状をつくろう!

D136-02.png

タブレットで年賀状を作成するなら「みんなの筆王」が便利です。まずは年賀状のデザインづくりから始めましょう。一番上にある「新規作成」をタップすると、「デザイン選択」画面が表示されます。テンプレートをもとに年賀状をつくるのも簡単でいいのですが、せっかくならオリジナルデザインの年賀状づくりにチャレンジしてみましょう!

D136-03.png

「デザイン選択」画面から「年賀状」タブを選び、タブの下に表示されているタグの中から「白紙」を選んでタップします。白紙デザインの横と縦があるので、つくりたい年賀状に合わせて選んでみてください。デザインを選択すると「デザイン編集」画面が表示されます。

白紙デザインなので何も表示されていません。ここに文字やスタンプ(イラスト)、写真を簡単に追加できます。タブレットなら、画像の配置や微調整もしやすいのでお子さまと一緒に年賀状づくりが楽しめます。

年賀状をデコレーション!文字やスタンプを追加しよう

ここからはスタンプ(イラスト)、写真(画像)、文字を追加する方法をご紹介します。

D136-04.png

白紙の年賀状を選んだあと「編集」をタップすると、いろいろなアイテムが配置できるようになります。下にあるメニューから「スタンプ」ボタンをタップして、新年に合わせたスタンプを探してみましょう。追加したいものをタップします。

D136-05.png

すると「デザイン編集」画面にスタンプが出現。大きさや位置の微調整ができるようになります。

D136-06.png

スタンプのサイズ調整は、タブレットなら操作しやすいですね。指で簡単にスタンプの追加ができるので、デザイン面はお子さまに頼んでみるのもよいかもしれません。

D136-07.png

スタンプの追加が終わったら、新年の挨拶を追加してみましょう。「文字」ボタンをタップすると、追加したい文章を入力するフォームが表示されます。また、フォントの種類やサイズ、文字方向も設定可能です。

入力が終わったら決定をタップ。「デザイン編集」画面に追加されることを確認しましょう。

お気に入りの写真を追加!フォト年賀状に

写真を追加するだけで、年賀状も見応えアップ!ペットやお子さま、、趣味や風景の写真などタブレットやスマホで撮影したベストショットを盛り込みましょう。スマホの方に写真をたくさん保存していいるという方も多いと思います。スマホで撮影した写真をタブレットでも利用したいときにはdフォトのサービスが便利です。

dフォトには写真お預かり機能(ドコモクラウド)があり、ドコモ利用者なら誰でも5GBまで無料です。大切な写真をdフォトに預けておくと保管も安心ですし、dアカウントを利用すればスマホやタブレットなど色々な端末から確認することができます。

D136-08.png

スマートフォンに「dフォト」アプリをインストールしたら、クラウドに保存したい写真を選んで「お預かり保存」を押して保存してください。タブレット側にもアプリをインストールしておけば、すぐに写真をダウンロードできますよ。

お気に入りの写真をdフォトからダウンロードしたら、年賀状作成に戻りましょう。

D136-09.png

下のメニューから「写真」ボタンをタップすると「画像を選択」画面が表示されるので、追加したい写真を選びます。すると、「デザイン編集」画面に写真が表示されるので、サイズを微調整して配置しましょう。タブレットならハガキとほぼ同サイズの画面で編集できますし、年賀状全体が見やすいのでデザインしやすいですよ。

D136-10.png

年賀状のデザインが完成したら保存しておきましょう。あとはプリンタの設定をして印刷するだけです。またプリンタがなくても、印刷から投函まで、筆王が代行してくれますよ。

タブレットで気軽に年賀状づくりを楽しもう!

基本的にタップだけの簡単操作がメインなので、お子さまと一緒にコミュニケーションを取りながら、年賀状づくりが楽しめます。

文字入力のミスをしても、やり直しがすぐにできるのが、手書きでつくるのよりもいいところ。イラストや写真の追加はお子さまが、文章は親と役割分担してコミュニケーションを取りながらつくるのもいいですよ。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

  • みんなの筆王 2019
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


  • dフォト
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


初期設定/使い方ガイド