1. ホーム
  2. マガジン
  3. 暮らし/ライフスタイル
  4. 知っておきたい自分のルーツ 家系図作成もタブレットで

知っておきたい自分のルーツ 家系図作成もタブレットで

意外と知らないまま生活している人が多い自分の祖先のこと。お盆や年末年始、冠婚葬祭の時に久々に会う親戚など、関係地や、どういった繋がりでその土地に住んでいるのか、聞かないまま知らずにいることも多いかと思いますが、実はルーツを辿っていくと意外な繋がりや発見が多いもの。家系図を作成すると関係性も明確になり、子どもの世代にも残しておけます。大正、昭和から平成、新元号になった記念すべき年、令和の時代と、3,4世代が過ごしている現代に、タブレットを活用して一度自分のルーツを見直してみませんか?

家族と共同作業で家系を辿るステップを確認しよう

大正から令和の時代まで、4世代を過ごしている人がいる現代。時代の流れとともに環境も大きく変化してきました。来年はオリンピックも開催され、記念すべきイベントが開かれることは、日本の歴史を変えることにもなります。そんな今、自分の周りの繋がりを見直してみませんか?大正、昭和、平成、令和と次世代に繋いでいくことも、大正より遡って自分のルーツを知ることも、家系図を作成すると新たな発見ができるかもしれません。皆んなでシェアしたり、使用方法も簡単なタブレットを活用して、今だから作成してみたい、家系図作成を始めてみましょう。

自分を中心に分かる範囲から作成をはじめてみよう

まずは自分を起点に、兄弟や両親の情報を記入していきましょう。年齢や、兄弟の家族までを入力することで、段々と形になっていきます。ここでは「すいすい家系図」というアプリを使用すると、わかりやすい手順で入力もできます。家族に説明や、相談しながらでも簡単に作成していくことが可能です。

D230-2.jpg

アプリを起動すると、初めに人物のアイコンが表示されます。アイコンをタップして編集の作業をしていきます。まずは自分の名前、性別、年齢などの情報を入力し、そこから両親や兄弟の情報を追加していきましょう。

D230-3.jpg

写真もアップできるので、より精度を高く作成したい方には写真付きがおすすめです。また、親戚間のイベントで会った時にはタブレットを手渡して自分の情報や、知っている親戚の情報を追記してもらえば、知らなかった祖先まで辿り着けるかもしれません。

  • すいすい家系図
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



家系図作成とあわせて知りたい、ライフイベント情報もタブレットで

家系図を作成している時にあわせて確認しておきたいのが、誕生日や結婚記念日などの意外と親戚間では知らない情報です。自分と繋がりのある親戚間のライフイベントも、この機会に記録していきましょう。ここでは家族や親戚でのグループ登録もでき、情報を共有していくことができます。

D230-5.jpg

年間で管理できるカレンダーなので、法事や大事なイベントの記録をしたり、シェアすることによってもコミュニケーションが増え、家族を含めた交流が広がっていきます。

  • 家族親戚のライフイベント
  • Google Playで手に入れよう



苗字の由来から家系図・家紋まで歴史の流れを楽しく調べる

家系図を作成していると、苗字の繋がりや家系図・家紋も気になってくるポイントに。苗字の由来や、昔にどんな家系だったのか、一説を見いだせることもあります。「名字由来net」内で「家系図」を簡単に作成したり、「遠縁機能」でご先祖様とつながることも可能です。家族同士の共通IDで、「家系図」をみんなで付け足し、広げていくことができるのも「名字由来net」の特徴のひとつです。

D230-7.jpg

項目には、全国で同姓同名が何名いるのか、一般投稿によるみんなの家紋の話や、苗字の基礎知識などまで、楽しくルーツを辿れるメニューがあります。

D230-8.jpg

苗字を検索すると、全国ランキングから解説まで見れるようになってます。親戚同士で集まった時には、家系図作成とあわせて、タブレットの大きな画面でみんなでシェアすると、盛り上がり、知らなかった情報も聞けるかもしれません。

  • 名字由来net~日本No.1姓氏解説アプリ 家紋検索 家系図登録80万人突破~
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード



家系図の作成は自分や周りの人をもっと知る一歩に

祖先や親戚について、あまり関心がなかったり、知らないことが多い方もいると思いますが、一度自分のルーツを辿ってみてはいかがでしょうか?昔は今とは全く違う地域に住んでいた、祖先はこんな仕事や商売をしていた、という意外な発見もあるかもしれません。タブレットなら誰もが簡単に、大きい画面でみんなとシェアしながら操作できるので、親戚とのコミュニケーションも広がり、楽しい話やあっと驚くような話も聞けるかもしれません。また、データとしてもずっと保存ができ、新しい家族が増えるたびにアップデートもしていけます。令和に生まれた赤ちゃんが、大きくなった将来、自分の祖先はこんな仕事をしていた、こんな場所に住んでいた、と知ることによって、タブレット片手にルーツを辿る旅に家族一緒に出ることも楽しみになるかもしれません。

初期設定/使い方ガイド