1. ホーム
  2. マガジン
  3. 暮らし/ライフスタイル
  4. タブレットを活用して賢くスマートに薬を管理

タブレットを活用して賢くスマートに薬を管理

病院や薬局に行く際に持っていくと便利なお薬手帳。うっかり持っていくのを忘れてしまったり、気づけば家に何冊も手帳がある・・・なんて経験がある人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、タブレットを活用した薬の管理術をご紹介。小さな文字でたくさん書かれた薬の説明も、大画面のタブレットがあればストレスなく読み進めることができシニア世代も安心です。さらに便利なアプリを使うことで薬情報や調剤予約が簡単になったりと、忙しいママも大助かり。薬まわりの困った!はタブレットで賢く解決していきましょう。

大画面タブレットで薬の管理をスマートに

D254-2.jpg

加盟薬局数No.1の電子お薬手帳アプリ「EPARK[イーパーク]お薬手帳」。紙のお薬手帳と同様に、処方された薬を簡単操作でアプリに登録することができたり、調剤予約機能を使って薬局での待ち時間を短縮できたりと、薬まわりのさまざまなことをサポートしてくれる便利なアプリです。

タブレットなら大きな文字で読みやすく紛失の心配もなし!

D254-3.jpg

薬の名前や使用方法など、たくさんの事が記録されているお薬手帳。処方された薬を間違った方法で使用してしまわないよう、事前確認はとても大事です。そんなお薬手帳は、タブレットで管理するのがおすすめ。

大画面で文字を読みやすく、もっと大きく表示したい時はピンチアウト(2本の指を離していき画面を拡大させる操作)でさらに文字を拡大表示できるので、シニア世代も安心です。紙のお薬手帳を手に持っている感覚で場所を問わずに確認することができ、データで保存しているため紛失の心配もありません。タブレットの中にお薬手帳が入っていれば、毎回手帳を持参しなければならない手間も省け、1台のタブレットで家族全員の記録を確認できるので、小さなお子さまのママや介護をしている方も助かりますね。

大画面でタップしやすく調剤予約の入力も簡単!

D254-4.jpg

お薬手帳アプリ「EPARK[イーパーク]お薬手帳」に搭載されている便利な調剤予約機能。事前に登録しておいた行きつけの薬局にあらかじめアプリから処方箋を送ることで、薬局での待ち時間を短縮することができ、コメント欄を使用することで薬局へ要望を伝えることも可能です。これにより薬局での待ち時間を減らすことができるので、とても助かります。

そんな調剤予約の際もタブレットが大活躍!電話番号やメールアドレスなど、予約の際にどうしても必要になってくる情報の入力も、タブレットの大画面ならタップしやすく文字入力もストレスなく簡単に行うことができます。

  • EPARK[イーパーク]お薬手帳 
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


忙しいママもシニア世代もタブレットがあれば簡単に薬を管理できる

D254-6.jpg

1台で薬の管理から調剤予約までカバーしてくれるタブレット。同時進行しなければならないタスクが多く、どうしてもながら作業が多くなってしまう大忙しのママも、タブレットがあれば安心です。薄くて荷物にならず持ち運びも便利なので、病院や薬局への持参も楽ちん、さらに大画面で画面の共有もしやすいので、場所を問わずあらゆる場面で活躍してくれそうです。

薬の使用頻度が高くなってくるシニア世代も、大画面で読みやすくタップしやすいタブレットがあれば大助かり!タップスペースが広いタブレットなら、慣れない入力操作も無理なく進めていくことができます。家族全員の薬情報を1台で管理でき、いざという時の情報共有もすぐにできるタブレットはお薬手帳との相性バッチリです。便利で携帯しやすいタブレットをお薬手帳として活用してみてはいかがでしょうか。

初期設定/使い方ガイド