1. ホーム
  2. マガジン
  3. 暮らし/ライフスタイル
  4. お子さまとともに歩んできた思い出をタブレットに保管しよう

お子さまとともに歩んできた思い出をタブレットに保管しよう

お子さまとの思い出の中でも、お子さまの写真やもらった手紙、描いた絵などは大切にしたいものでしょう。しかし、そのまま保存しておくと劣化してしまいますし、なくしてしまうことも。そこでお子さまの大切な思い出は「データ化」するのがおすすめ。これをタブレットで管理すれば、いつでも大切な思い出を振り返られます。

タブレットを使って思い出をデータ化

お子さまの写真、お子さまが書いてくれた手紙や絵などをデータにするには、少し前までだと「スキャナーをパソコンに接続して、アプリを起動して、写真をセットして...」と、大がかりな手順が必要でした。そのため、「データ化なんて大変な作業!」と感じる方は多いかもしれません。

しかし、今なら、タブレットひとつでサッとデータにすることが可能。普段写真を撮るような感覚でサクサクとデータに変換していくことができます。

D312-02.png

「Photomyne」アプリは、老舗のカメラショップ・キタムラが開発した写真スキャナーアプリ。タブレットで写真や手紙を撮影するだけで、すぐにデータ化できます。このアプリの凄いところは、写真などの縁を自動で認識して切り取ってくれること。カメラのフレームにキッチリ合わせなくても、サッとスキャンできます。また、複数の写真を同時にスキャンできるので、効率よく変換できるのもポイントです。

スキャンしたものは、もちろん編集も可能。モノクロ写真をカラーにするといった機能もあるので、思い出をより感慨深いものにすることができるでしょう。

D312-03.jpg

写真や手紙などをスキャンしたり、取り込んだデータを編集したりする作業は、画面が大きく作業しやすいタブレットがおすすめ。スキャンはどうしても地味な作業になりがちですが、ご家族揃ってワイワイとスキャンしたり編集したりすれば、思い出を振り返りながら楽しくデータ化することができます。タブレットを使ってお子さまと一緒に思い出のデータ化に挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • Photomyne フォトマイン - 写真スキャナー
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


タブレットとクラウドの組み合わせで大切に保管しよう

データ化した思い出はタブレットに保存されているので、そのままでも振り返ることはできます。しかし、タブレットを機種変更したりすると、データの移行など面倒な作業がたくさん出てきてしまいます。そこで、データ化した思い出は、「Googleフォト」アプリを使ってクラウドに保存しておくのがおすすめ。いつでもどこでも手軽に思い出に触れることができるようになります。

取り込んだ思い出をGoogleフォトにアップしよう

「Googleフォト」は、写真を全てクラウドに保存するので、機種変更などをしてもそのまま利用できる便利なアプリです。

そして最も大きな特徴は、無制限に写真を保存できること。タブレットの空き容量を気にせずに、データ化した思い出をどんどん保存していくことができます。

D312-05.png

「Googleフォト」アプリの初期設定では、カメラで撮影した写真のみを自動でアップロードするようになっています。これだと、スキャンしたデータが自動でアップロードできませんので、最初に自動でアップロードできるように設定しておきましょう。

「Googleフォト」アプリのメニューで「デバイスのフォルダ」を選択し、自動でアップロードしたいフォルダのスイッチをオンにするだけです。

D312-06.png

Googleフォトにアップロードした写真には、後から説明を追加することが可能。その時の思い出が、いつ頃のものか、どんなシチュエーションのものかといった情報を付け加えておくと、振り返りやすくなります。

また、写真にはテキストを追加したりフィルターをかけるといった編集も。アップロードした後に思い出をより綺麗に加工することができます。

D312-07.jpg

アップロードから思い出の編集まで、とにかく簡単にできるのが「Googleフォト」アプリのすごいところ。タブレットなら大画面でサクサクと操作できるので、ストレスなく整理できます。

また、思い出を編集するとき、「この写真を撮ったときどんなこと考えていた?」などをお子さまに聞いたりすれば、思い出話に花が咲くことでしょう。このように、タブレットを使えば家族の絆を深めてくれるかもしれません。

思い出をアルバムにして見やすく管理

アップロードした思い出は、スキャンした日時順に並びます。そのため、Googleフォトにアップした写真が増えてくると、埋もれてしまって見つけられないことも。そのような事態を防ぐのに、便利な機能が「アルバム」です。

アルバムを作っておけば、テーマに沿って写真をまとめることが可能。すぐに思い出へ触れることができます。

D312-08.png

Googleフォトのアルバム機能は、他の写真管理アプリのように1枚1枚写真を追加することができます。手紙や絵といった思い出は、この方法でアルバムを作成するといいでしょう。写真のアルバムを作るときに使って欲しい機能が、「人物」タグによるアルバムの作成です。これは、写真に写っている人の顔を自動で認識し、選択した人の写真を自動的にアルバムにしてくれるもの。この機能なら写真を選ぶだけなので、どんなに写真が多くても整理が圧倒的に楽になります。

D312-09.jpg

作成したアルバムは、ご家族全員で共有が可能。ご家族が使っているスマホや別のタブレットでも見られるようになります。このように思い出をみんなで共有できるのも「Googleフォト」アプリのメリット。

大画面のタブレットにGoogleフォトを組み合わせれば、思い出の整理がとてもやりやすく、鮮明に振り返ることができます。スキャンした思い出は、ぜひGoogleフォトで管理してみてはいかがでしょうか。

  • Google フォト
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


タブレットを使えば思い出をいつでも振り返られる

今回ご紹介したように、タブレットを使えば写真や手紙、絵といったお子さまとの思い出をデータへ変換するのがとても簡単にできるようになります。さらに一歩進んでクラウドを活用すれば、いつでもどこでも思い出を振り返ることができます。お子さまと歩んだ日々はいつまでも大切にしたいもの。タブレットを使って思い出を保管してみてはいかがでしょうか。

<もっとタブレットで思い出を保管しよう!>

D312_R1_R.jpg D312_R2_R.jpg

タブレットで世界にひとつだけのオリジナル"卒アル"を作ろう

データ保存などは大容量のタブレットを活用すれば即解決
初期設定/使い方ガイド