1. ホーム
  2. タブレットの基本操作を覚えよう

タブレットの基本操作を覚えよう

タブレットの操作は画面に触れることが基本ですが、その操作方法にはいくつかあり、それらを覚えることによって快適にタブレットを使いこなすことができるようになります。

ここでは基本的な操作方法をご紹介していきますので、実践してみましょう。


まずはタップ/ダブルタップを覚えよう

A3_2.png

画面を「ポンッ」と軽くたたく操作が「タップ」、それを素早く2回繰り返す操作を「ダブルタップ」といいます。タップはアプリを起動したり、ブラウザアプリのリンクの選択、動画や写真を選択したりなど、最も多用する操作方法です。


スライド(スワイプ)操作を覚えよう

A3_3.png

画面に触れたまま、なぞるように指を動かす操作を「スライド(スワイプ)」といいます。上下左右に使うことができ、ホーム画面の切り替えや、縦長のページを読み進めるときなどに使用します。


フリック操作に挑戦しよう

A3_4.png

スライドと似ていますが、画面に触れて「ピンッ」とはじくように、上下左右に指を動かす操作が「フリック」です。スライドと同じようにホーム画面の切り替えなどに使います。また指を動かす強弱によって、動画や写真の一覧や、ブラウザのページ内を素早く移動することができます。


ピンチ操作(ピンチイン/アウト)で文字や画像を拡大・縮小しよう

A3_5.png

2本の指を当てて、指を広げる操作を「ピンチアウト」、狭める操作を「ピンチイン」といいます。写真や地図、ウェブサイトを閲覧しているときに拡大/縮小をすることができます。


アプリ移動や画像保存など、ロングタッチでできること

A3_6.png

画面上の一箇所に指を当てたまま、しばらくそのままにする操作を「ロングタッチ」といいます。ロングタッチを使うと文字列を選択したり、ブラウザ上に表示されている画像を保存したりできます。また、この後で紹介する「ドラッグ」を使ってアイコンの移動やアプリのアンインストールができるようになります。


A3_7.png

ロングタッチを使ってアイコンを整理することができます。アイコンに触れたまま、目的の場所で指を離すことで、アイコンが移動します。この操作を「ドラッグ」といいます。


以上6種類がタブレット操作の基本になります。これらをマスターして、快適にタブレットを使いこなしましょう。



初期設定/使い方ガイドに戻る

初期設定/使い方ガイド