1. ホーム
  2. マガジン
  3. 話題/流行
  4. タブレットで今話題の新競技を知ろう!「サーフィン編」

タブレットで今話題の新競技を知ろう!「サーフィン編」

東京2020で注目されている新競技のサーフィンは、若い世代に関心が高く活気あふれる競技を追加したいという実行委員の思いから追加されたもの。選手たちは自然の海を舞台に風の強さや風向き、潮の干満などを見極めながら高度なライディングテクニックを競い合います。

大画面のタブレットでサーフィンの魅力に触れる

サーフィンの競技はボードの種類によって大きくロングボードとショートボードの2つに分けられます。そのうち東京2020で行われるのはショートボードです。ショートボードは細かいターンがしやすく、三次元のダイナミックな技によって勝敗が決定します。競技としてのサーフィンについてルールなどは意外と知られていないもの。大画面のタブレットでサーフィン競技の予習をしつつ、その魅力を味わってみましょう。

オリンピックのサーフィン競技観戦のポイント

オリンピック競技としてのサーフィンは2~5人ずつの中から上位者が勝ち抜けるトーナメント方式で行われます。勝負のポイントとなるのは技の種類や難易度、革新性、スピードやパワーなど。「360(スリーシックスティ)」や「エアリアル」など、難易度の高い技を繰り出すことが勝敗のカギを握ります。

D331-2.jpg

もともとサーフィンが好きという人はもちろん、サーフィンをしたことがないという人も、このオリンピックでサーフィンの魅力に触れてみてはいかがでしょう?

世界中のサーファーたちの動画が楽しめる

サーフィンは老若男女を問わず世界中で多くの人たちが楽しむ人気のスポーツです。そんな世界中のサーファーたちの華麗なライディングをいつでもどこでも楽しめるのが「NobodySurf」です。

D331-3.jpg

「NobodySurf」はサーフィン専用の動画アプリ。世界中のサーファーやサーフィン好きたちが撮影した10000本を超える動画を見ることができます。ショートボード、ロングボードといったボードの違いやサーフポイント、男性か女性かなどの項目で動画が分類されており、タブをタップするだけで好きなジャンルのサーフィン映像を心ゆくまで楽しめます。

  • NobodySurf
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


WSLオフィシャルのサーフィンゲーム

サーフィンに興味はあるけれど、いきなり波に乗るのはハードルが高い。そんな人はまず指先ひとつでサーフィンを楽しめるゲームで疑似体験してみては?

D331-5.jpg

「True Surf」はWorld Surf League(WSL)公認のサーフィンゲーム。迫り来る波をタップして乗り、スワイプで技を披露すると、審査員たちが点数をつけてくれます。世界の有名サーフポイントの波の状態とリンクしているので、まるで実際にその場所でサーフィンを楽しんでいるような感覚を楽しむことができます。

  • True Surf
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


全国のサーフポイントの波情報をゲット

サーフィンに必要な道具はそれほど多くありません。サーフボードと波があれば楽しめる手軽さもその魅力のひとつ。そんなサーフィンに欠かせない波の情報をチェックできるのが「なみある?」です。日本全国の約140カ所のサーフポイントの波情報を網羅したアプリで、近くの海岸の波情報をチェックしてみましょう。

D331-7.jpg

気象予報士や波予報士による丁寧な概況コメントや、48時間先までのうねり・風の情報などを確認できます。台風発生時はアプリで台風予測を確認することも可能。サーファーはもちろん、これからサーフィンを始めたい人も必携のアプリといえそうです。

  • なみある?
  • Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード


大画面のタブレットでサーフィンをもっと楽しむ

ボードを使って自然の波に乗るというシンプルなスポーツでありながら、世界中の人々を魅了してやまないサーフィン。大画面のタブレットがあれば、Webで東京2020公式サイトをチェックしたり、アプリで世界中のサーファーたちのライディングを眺めたり、ゲームで疑似体験したりなどが思いのまま。いつでもどこへでも持ち歩けて起動も早いので、気になった時にすぐにアクセスできます。まずはタブレットを活用してサーフィンの魅力の一端に触れてみてはいかがでしょう?

初期設定/使い方ガイド